1. ブログ
  2. 履歴書ヘルプ
  3. LinkedInに履歴書をアップロードするには(3つの方法)
アンナ・マッカーマンアンナ・マッカーマン によって書かれました

LinkedInに履歴書をアップロードするには(3つの方法)

6 分で読めます
LinkedInに履歴書をアップロードするには(3つの方法)
LinkedInは、仕事を探し応募するための世界で最も人気のあるツールの1つです。魅力的なLinkedInプロフィールを作成し、簡単な手順でプラットフォームに履歴書を追加することで、採用担当者の関心を引いたり、専門的なつながりを増やすことができます。

200か国で10億人のメンバーを誇るLinkedInは、仕事を探し応募するための世界で最も人気のあるツールの1つです。魅力的なLinkedInプロフィールを作成し、簡単な手順でプラットフォームに履歴書を追加することで、採用担当者の関心を引いたり、専門的なつながりを増やすことができます。ただし、LinkedInに履歴書をアップロードする前に、自問すべき重要な質問がいくつかあります。このブログでは、LinkedInに履歴書を追加するさまざまな方法と、どのオプションが自分にとって正しいかを判断する方法について説明します。

LinkedInをオンラインの履歴書だと考える人もいるでしょう。しかし、採用担当者にプロフィールへのリンクを送信できますが、誰もがLinkedInを利用してるわけではありません(勤務先の規制でアクセスが制限されている場合もあります)。 履歴書に勝るものはありません。

ここで取り上げる内容は以下の通りです。

  • LinkedInでの履歴書を追加する場所
  • 履歴書をLinkedInにアップロードする手順
  • サイトに履歴書を掲載するメリットとデメリット
  • LinkedInで履歴書を送信する方法

アップロードされた履歴書を備えた素晴らしいLinkedInのプロフィールは、あなたが就職活動に取り組む準備ができていることを意味します。採用担当者があなたに連絡をとらなくても、あなたの履歴書を採用担当者のデスクで確認できるとき、あなたは就職活動の主導権を握ることになります。

専門家のアドバイス

LinkedInに履歴書をアップロードするべきでしょうか?

基本的にLinkedInは履歴書に記載したものと同じ情報を閲覧できることで、採用担当者の注意を引くことができるサイトです。職歴や学歴などの組み込みセクションに関連情報を追加する必要がありますが、サイトに完全な履歴書ファイルを投稿することは必ずしも推奨されるわけではありません。LinkedInに履歴書を投稿するそれぞれの方法のメリットとデメリットを確認するには、以下をお読みください。

LinkedInに履歴書を追加する方法

LinkedInに履歴書をアップロードするには、いくつか方法があります。この章では、その方法とそれぞれのメリットとデメリットについて説明します。

LinkedInの「注目コンテンツ」機能を使用して履歴書をアップロードする

採用担当者に紙に書かれている通りの履歴書を見てもらいたい場合は、LinkedInの注目コンテンツとして履歴書を追加するのが最も簡単な方法です。この機能を使用すると、履歴書ファイルを注目コンテンツセクションに簡単に添付できるため、採用担当者はLinkedInのプロフィールで最初に目にするものの1つになります。

注目コンテンツセクションでは、履歴書のタイトルが明確であることを確認してください。できれば、それは左端にあるドキュメントである必要があります。このセクションに他のドキュメントがある場合は、それを後回しにする必要があります。 履歴書のタイトルを目立たせましょう。

注目コンテンツを使用してLinkedInに履歴書を添付する手順は、次のとおりです。

  1. 自分のプロフィールページに移動します。
  2. プロフィールページをスクロールして、「注目コンテンツ」セクションを探します。
  3. 「注目コンテンツ」セクションにカーソルを合わせて、「メディア」をクリックします。
  4. コンピュータ上の履歴書をアップロードします。

メリット: 採用担当者にEメールで送信したのとまったく同じ履歴書を見てもらいたい場合、これがLinkedInで確実に確認してもらう最良の方法です。

デメリット: 最新のLinkedInのプロフィールには履歴書のほとんどの要素が含まれているため、注目コンテンツとして履歴書をアップロードすると、プラットフォームを最大限に活用することにあまり自信がないように見える可能性があります。

専門家のアドバイス

LinkedInに履歴書を投稿するにはどうすればいいでしょうか?

「注目コンテンツ」オプションを使用する代わりに、履歴書を含む投稿を作成することもできます。プロフィール上ではほとんど目立たないでしょうが、フィードをスクロールしているつながりの人々の目に留まるでしょう。未来の採用企業、同僚となるかもしれない人々や採用担当者がいる場合、彼らに履歴書が表示されます。適切で魅力的な文章も書いておくことを忘れないでください。

履歴書を投稿するには、ホームに移動します(上部バナーの家のアイコンを探してください)。他のソーシャルメディアプラットフォームと同じように投稿を作成します。 「ドキュメントを追加」アイコンを使用して投稿に履歴書を入れて、世界に向けて送信しましょう。

2. LinkedInの各セクションに履歴書情報を追加する

あなたの目的が履歴書に記載された情報を共有することだけであり、採用担当者が実際のファイルを見る必要がない場合は、LinkedInに実際の履歴書を追加する代わりに 経験を各LinkedInセクションに記載することがベストです。

履歴書を単純に各セクションへコピー&ペーストするのは少し怠惰な印象を与えるかもしれません。LinkedInはあなたの経験を記述するためのスペースが非常に大きく提供されているので、履歴書の詳細な内容を追加することを検討してください。また、LinkedInのプロフィールの情報をできるだけ一般的なものにして、さまざまな企業からの関心を引き付ける必要があります。LinkedInのプロフィールは小さすぎてはいけません。

方法は以下の通りです。

  1. 自分のプロフィールページに移動します。
  2. プロフィールページの紹介セクションにある「プロフィールに追加」セクションをクリックします。
  3. 「ポジション」、「スキル」、「学歴」などの入力可能なセクションを追加します。
  4. 履歴書の情報を対応するセクションにコピー&ペーストして「保存」をクリックします。

要するに、素晴らしいLinkedInプロフィールは多くの場合 (常にではありませんが) 、履歴書の機能を果たしているということを常に覚えておいてください。

メリット: これがLinkedInの使用目的なので、この方法はキャリアパスの全体像を提供し、プラットフォームを使いこなしていること証明できます。

デメリット: これは仕事に応募するときに履歴書を提出する方法ではありません。それに関しては次で説明します。

専門家のアドバイス

現在勤務中の会社に気づかれずにLinkedInに履歴書を投稿するには?

現在勤務中の会社がLinkedInでがあなたの履歴書を見つけたり、プロフィールの変更に気づくことを防ぐ完全な方法はありませんが、仕事を探していることに上司が気づく可能性を最小限に抑える方法はいくつかあります。

まず、(右上のバナーの写真の下の)「あなた」メニューに移動し、「設定&プライバシー」を選択します。次のような異なるオプションを制御できます。

  1. 「公開設定」の下の「プロフィールの更新をネットワークにシェアする」をオフにします。
  2. 「公開設定」の下の「プロフィール閲覧オプション」を「匿名モード」に変更します。
  3. 更新を見ることができないように上司や同僚を「ブロックと非表示」に追加します。

一歩踏み込む場合は、つながりから現在勤務中の会社を削除できます。これをしたことについて相手は通知を受けませんが、自分でプロフィールにアクセスすると、もうつながりがないことに気づくでしょう。これ自体が疑惑が生じる可能性がありますが、正当な理由でこれを行う人もいます。もう一つ言及しておきたいのですが、就職活動中にはつながりのほとんどない人とは決して関わらないことです。好奇心旺盛なマネージャーがあなたを監視しようとしているかもしれません。困ったことが起こる可能性があります。

これらの変更を行ったことを覚えておき、それが表示に影響を与えることに注意してください。変更を行っただけで、忘れてしまわないようにしてください。いつかその設定を元に戻すことになるかもしれません。

3. LinkedInの「応募」機能を使用する

カスタマイズされたフィードで数千もの求人募集があるため、LinkedInが仕事を検索し応募するための最も人気の高い方法の1つであることは驚くに値しません。LinkedInでは、「応募」機能を通じて簡単に履歴書を追加できます。

このオプションはオプトインした企業でのみ利用できるため、投稿の上部に青い「応募」ボタンがない場合は、直接企業のウェブサイトで応募する必要があります。このオプションを使用すると、応募を思うようにカスタマイズできないことに注意してください。オーダーメイドのドキュメントを人事部門または採用担当者に直接送信すると、応募書類を引き続き管理できるようになりますが、この方法は後の段階で可能になる場合があります。

統計的考察

同社によると、LinkedInは世界最大のプロフェッショナルネットワークで、世界200以上の国と地域に10億人を超える登録メンバーが仕事やキャリアに関する情報を取得、交換しています。

「応募」機能を使用する手順は次のとおりです。

1. 希望の求人情報に移動します。

2. 投稿のヘッダーのすぐ下にある「応募」ボタンをクリックします。

3. ポップアップ画面で、必要な情報を入力し「履歴書をアップロード」をクリックします。

4. 「レビュー」をクリックして応募内容を確認します。

5. 「応募を送信」をクリックします。

メリット: これがLinkedInでの仕事への応募時に、履歴書をアップロードおよび送信する最良の方法です。

デメリット: 1つの企業や求人へのみLinkedIn経由で履歴書を送信しているため、あなたのプロフィールを見た他の採用担当者にはあなたの履歴書が表示されません。

可能であれば、複数のチャネルから応募することをお勧めします。 LinkedIn経由で応募しつつ、企業の通常ルート経由でも履歴書を送信できます。 ウェブサイトの求人情報を確認しましょう。 応募書類を送信できるメールアドレスが掲載されています。

このガイドがお役に立てば幸いです。そして、採用担当者の目を止めるほどの優れた履歴書が必要な場合は、プロフェッショナルなテンプレート、 履歴書ビルダー、300以上の職務固有の サンプルを使用することを覚えておいてください。 最高の仕事は最高の準備をした候補者が勝ち取ります。

重要ポイント

採用担当者と人事担当者は、求人募集中にLinkedInで多くの時間を費やします。あなたのプロフィールは最高の状態でなければなりませんが、企業の採用ページも定期的に更新されていることを知っておく必要があります。 彼らはLinkedIn Recruiterのサブスクリプションに投資する予定なので、すべての応募が評価されるでしょう。 ただし注意が必要です。LinkedInの履歴書を送信する前に、プロフィールの準備が100%完了していることを確認してください。 企業は応募を受け取った瞬間にプロフィールに目を通すでしょう。 焦らないでください。 まずはLinkedInの下準備をしましょう。

  • LinkedInプロフィールに履歴書を追加する方法には、注目コンテンツオプションを使用する方法、応募時に履歴書を添付する方法、プロフィールへ個別に追加する方法など、複数の方法があります。
  • 一般的に、LinkedInに履歴書のPDFをアップロードする必要はありません。これは、サイトに既に履歴書のセクションが組み込まれているためです。
  • 「応募」機能を使用すると、オプトインした企業に履歴書を直接送信できます。
  • 現在の上司がLinkedInの履歴書を見ないことを保証する方法はありませんが、その可能性を最小限に抑える方法はいくつかあります。
15分で履歴書を作成
15分で履歴書を作成
雇用主が求める「履歴書のルール」に正確に沿った、現場でテスト済みのプロフェッショナルな履歴書テンプレートを使用してください。
私の履歴書を作成する
15分で履歴書を作成
15分で履歴書を作成
雇用主が求める「履歴書のルール」に正確に沿った、現場でテスト済みのプロフェッショナルな履歴書テンプレートを使用してください。
私の履歴書を作成する
この記事を共有する
読み進める
履歴書ヘルプ7 分で読めます
履歴書のATS最適化 - ATS(採用管理システム)に対応した履歴書の作成方法
履歴書のATS最適化 - ATS(採用管理システム)に対応した履歴書の作成方法
採用面接9 分で読めます
弱点 :面接官に聞かれたら、どう答えると良いでしょうか
弱点 :面接官に聞かれたら、どう答えると良いでしょうか
履歴書ヘルプ4 分で読めます
コミュニケーション能力: 履歴書でアピールする方法とは
コミュニケーション能力: 履歴書でアピールする方法とは
履歴書ヘルプ2 分で読めます
履歴書に写真をつけるタイミング
履歴書に写真をつけるタイミング
すべて見る
この Web サイトでは、Cookie を使用してユーザー エクスペリエンスを向上させ、分析とマーケティングを実行しています。 当社の Web サイトを使用することにより、クッキーポリシー および プライバシーポリシー に従うすべての Cookie に同意したことになります。
クッキーを受け入れる