1. ブログ
  2. 履歴書ヘルプ
  3. 「問題解決能力」とはどのようなもので、履歴書にはどのように記載するのか
スーザン・ショースーザン・ショー によって書かれました

「問題解決能力」とはどのようなもので、履歴書にはどのように記載するのか

2 分で読めます
問題解決能力とはどのようなもので、履歴書に記載するには
による作品Vika Shibaeva
「問題解決能力」はどの仕事にも必要な条件であるかのように思えます。その他大勢の候補者と差をつけるには、「問題解決能力」という言葉を具体的なスキルに落とし込んで、履歴書で分かりやすい例を挙げることです。そのスキルに関してはこちらのブログをご覧ください。

問題解決能力:定義

問題解決の定義は、もちろん「問題を解決する行為」です。しかし、この定義には「それに対する行為」が含まれていることに注目してください。問題解決とは、分析的・創造的思考を駆使して問題を取り除き、より良い次へとつながるプロセスを生み出す行為であり、多くの行為が含まれていると言えるでしょう。

仕事の世界では、こうした障害・問題によってチームや会社、あるいはあなた個人が戦略的・業務的目標を達成することができなくなることがあります。問題解決には、少なくともいくつかのステップからなる体系的なプロセスが必要です。問題を分解して解決策を導き出すための手法は、個人のスタイルや解決すべき問題の種類によって異なってきます。

そこには、心の知能指数の高さが望まれますが、測定が難しいものです。

問題解決のための7つのステップとは?

問題解決に至るプロセスでは、それぞれのステップで異なるスキルが必要です。これらの段階を理解することで、自分はどういったスキルが得意で、 履歴書でどれに重点を置くべきかを決めることができます。

ここでは、アイオワ大学人事部(英語サイト)が定義した7つのステップをご紹介します。

  1. 問題を定義する
  2. 問題を明確にする
  3. 目標を明確にする
  4. 問題の原因を特定する
  5. 行動計画を立てる
  6. 計画を実行する
  7. 結果を評価する

さらに、もう1つ付け加えるとすると・・・

  1. 改善する

というのも、どんな問題も完全に解決されることはなく、より良くするための余地が常にあるからです。

問題解決には、それぞれのステップで個別のスキルが必要です。問題解決能力そのものはソフトスキルであり、知識を学ぶというよりは性格的特徴に近いのですが、問題解決の過程には学ぶことができる部分が多くあります。

問題解決のスキルとは?

問題解決の各ステップでは、ハードスキルとソフトスキルの両方を使うことになります。以下では、それぞれのスキルをカテゴリー別に分類し、問題解決の際にどのように使われるかをご紹介します。

ハードスキル

データ分析力: ビッグデータの解析であれ非公式な調査であれ、問題を定義し解決策を導き出すための情報を収集して検討します。また、解決策を実行した後の結果の質を判断するためにも、このスキルは必要です。

リスク分析力: ベストな解決策でも、リスクが高すぎれば大きな成果を得ることはできません。潜在的なプラス面とマイナス面のバランスをとるリスク分析力が、合理的な答えを導き出します。

調査内容検討力: 信頼性の高いデータや情報は、独自の調査する方法と、既存の調査を見つけ精査する方法の両方を理解していることから生まれます。

ビジネスのゴールと業務実践に関する知識: 職場や日々の仕事の進め方を理解することは、革新的な解決策を実行することと同様に重要です。(広げられるとしたら)限界をどこまで広げられるか、最終的な目標は何かを知ることは、企業文化に適した解決策を練るのに役立ちます。

ソフトスキル

コミュニケーション力: 情報を収集するとは、その時々で必要な支援を得ながら自分が何を求めているかを説明することです。コミュニケーションは、問題の原因究明から解決策の評価まで、プロセスのすべての段階で発生します。

創造性: 解決策が明らかであれば、あなたのような問題解決者は必要ないでしょう。やっかいな問題には、既成概念にとらわれない発想が必要です。採用企業は、新しい角度から物事をとらえ、勇気を持ってアイデアを出す能力(それは自信ともいえます)を評価します。

チームワーク力: 孤立した環境で仕事をする人はいません。スティーブ・ジョブズでさえ、アイデアを出し合う相手を必要としていました。コラボレーションは、アイデアを膨らませ、明らかにするのに役立ち、かつ、解決策を効率的に実行できます。あなたの優れた問題解決能力を素晴らしい結果につなげたいなら、賛同してくれる人は重要です。

アクティブリスニング力: 問題の核心は何でしょうか?アクティブリスニングは、核心を見つけるのに役立ちます。多くの場合、一緒に働く仲間は、あなたが知らないことを知っていたり、時には問題を引き起こしたり、またある時には障害を克服する鍵になったりすることがあります。聞き手として優れていると、貴重な情報を聞き出して適切な質問をし、ブレインストーミングで同僚が素晴らしいアイデアを出してくれたことを認識できます。

15分で履歴書を作成
15分で履歴書を作成
雇用主が求める「履歴書のルール」に正確に沿った、現場でテスト済みのプロフェッショナルな履歴書テンプレートを使用してください。
私の履歴書を作成する
この記事を共有する
読み進める
履歴書ヘルプ4 分で読めます
自分の性格における長所と短所(就職活動中での対処法もご紹介します)
自分の性格における長所と短所(就職活動中での対処法もご紹介します)
履歴書ヘルプ3 分で読めます
履歴書における学歴の記載方法
履歴書における学歴の記載方法
採用面接5 分で読めます
面接ガイドの決定版
面接ガイドの決定版
採用面接9 分で読めます
弱点 :面接官に聞かれたら、どう答えると良いでしょうか
弱点 :面接官に聞かれたら、どう答えると良いでしょうか
すべて見る
この Web サイトでは、Cookie を使用してユーザー エクスペリエンスを向上させ、分析とマーケティングを実行しています。 当社の Web サイトを使用することにより、クッキーポリシー および プライバシーポリシー に従うすべての Cookie に同意したことになります。
クッキーを受け入れる