1. ブログ
  2. キャリア
  3. あなたがより優れたリーダーになれる7つのコラボレーションスキル
ポール・ドゥルーリーポール・ドゥルーリー によって書かれました

あなたがより優れたリーダーになれる7つのコラボレーションスキル

2 分で読めます
あなたがより優れたリーダーになれる7つのコラボレーションスキル
による作品Liza Gagarina
成功するコラボレーションとはどのようなものでしょうか?多様なチームとのパートナーシップを最大限に生かすにはどうしたらいいのでしょうか? 自分の成果も周囲の成果も高めることができるコラボレーションスキルを探ります。

コラボレーションとは何でしょうか?

最も難しいコラボレーションとは、多様な職能や部署から集まった人々が、ある目的に向かって協力し合うことです。その範囲は常に大きなものである必要はありません。一緒に目標を達成することで同意することは、2人の人物の間でもコラボレーションとなります。それを1000倍にすると、素晴らしい成果を上げる組織となります。

7つのコラボレーションスキル

リーダーシップ

リーダーであるためにはマネージャーである必要はありません。効果的なコラボレーションには、年功序列に関係なく、周囲の人々に方向性を示し、期待値を管理することが必要となります。優れたリーダーは周囲に働きかけ、道を切り開くビジョンを持ち、ストレスレベルを管理することができます。

あなたは他の人に進むべき道を歩んでもらうようにできるでしょうか?必要なスキルは何でしょうか。直観力、励まし、ストレス管理、気配り、人材管理、信頼性、ビジョンが必要となります。

コミュニケーション

簡潔に伝えることができなければ、他の人たちとコラボレーションすることは不可能です。正確で的を射たコミュニケーションは、すべてのコラボレーションの核となるものです。バランスをとり、時には20の言葉よりも2つの言葉の方が良いこともあります。自分が話す前に他者に耳を傾け、その後正直に自分の意見を伝えましょう。影響力を与えるには、理解することから始まるのです。

組織力

自分の仕事をきちんとしたものにできなければ、他の人々とのコラボレーションも混乱と不安の中で行われることになります。自分の優先順位をよく考え、何か問題が起こったらどのようにアプローチするかを考えましょう。問題を解決する際には他の人たちを巻き込み、自分では手に負えなくなったら、他の人に任せることが必要です。コラボレーションとは、全員が何が起こっているのかを把握することで生産性が高まるのです。

心の知能指数

あなたは、状況を深く掘り下げる好奇心を持っていますか、それともすべてを額面通りに受け止めていますか?感情的な知性を持つということは、人間関係の底で流れているものの舵取りを思いやりをもって行い、その過程で信頼と理解を築くことです。メンバー全員がこのような目に見えない動機を理解しようと努めると、チームは成功するのです。

あなたは、相手が何を考えているか理解できますか?必要なスキルは何でしょうか。思いやり、レジリエンス、信頼、好奇心、忍耐、存在感、積極的な傾聴、公平性、冷静さが必要となります。

先見性

コラボレーションは、障害が発生したときに試されるものです。問題が起こる前に、それを予期(時には回避)する能力は、効果的なプロジェクトに欠かせません。目の前にあるものを越えて、意識を向けることに集中できていますか?未来を見据えることができていますか?必要なスキルは何でしょうか。戦略的思考、推進力、集中力、フィードバック力、完遂力、計画性、論理力、リサーチ力が必要となります。

柔軟性

コラボレーションして行うプロジェクトは、初日に設定された道筋を辿ることはまずありません。予期せぬ出来事に対して、次のステップに移る適応力を身につけましょう。必要に応じて曖昧さを受け入れ、先の見通しが立たないときはオープンマインドでいます。常に100%計画通りである必要はないのです。時には、ただ待って様子を見守る必要があります。

対立解決力

コラボレーションして仕事を進めていく中で摩擦が起きて対立すると、人はすぐに同調性を失ってしまうものです。多くの場合、意見の相違は建設的であり、必ずしも避けるべき課題ではありません。しかし、対立が個人的なものになると、有害なものになる可能性があります。適切な方法と適切なタイミングで対立を解決することが、コラボレーションの勢いを維持することにつながります。

意見の相違は建設的なものになり得るでしょうか?必要なスキルは何でしょうか。励まし、気配り、説得力、積極的な傾聴、敬意、冷静さ、決断力が必要となります。

コラボレーションスキルの向上

コラボレーションスキルは、プロジェクトごとに向上していくことが望ましいものです。ここでは、他の人との仕事のやり方を改善するための方法を少しご紹介します。コラボレーションに関する以下の側面は、面接の際にアピールすることが特に重要となります。

当事者意識を持つ

コラボレーションに参加するすべての人が、自分の役割に責任を持つよう促されると、共同責任の文化が生まれます。誰もが間違いを犯す可能性があるため、過剰な罪悪感を抱くことなく、人々は許されるようになります。その結果、チームはお互いを身近に感じることができます。

当事者意識を共有する文化が育まれれば、人々はプロジェクトの方向性に自分の努力をつぎ込み、誰もが個人の成果を祝うことができます。

透明性を受け入れる

どんなプロジェクトでも、目的が変わり、成功の尺度も変わることがあります。範囲や尺度の変更についてチームや同僚に透明性を持たせることで、同じ方向に向かって協力し続けることができます。全員が同じ認識を持つ必要があるのです。

15分で履歴書を作成
15分で履歴書を作成
雇用主が求める「履歴書のルール」に正確に沿った、現場でテスト済みのプロフェッショナルな履歴書テンプレートを使用してください。
私の履歴書を作成する
15分で履歴書を作成
15分で履歴書を作成
雇用主が求める「履歴書のルール」に正確に沿った、現場でテスト済みのプロフェッショナルな履歴書テンプレートを使用してください。
私の履歴書を作成する
この記事を共有する
読み進める
採用面接7 分で読めます
面接後のお礼メールの書き方と例文
面接後のお礼メールの書き方と例文
キャリア14 分で読めます
2024年の最適な求人サイトと求人掲示板 - 米国と世界各国
2024年の最適な求人サイトと求人掲示板 - 米国と世界各国
履歴書ヘルプ4 分で読めます
履歴書に記載する資格(最良のヒントと例)
履歴書に記載する資格(最良のヒントと例)
履歴書ヘルプ3 分で読めます
履歴書における強み
履歴書における強み
すべて見る
この Web サイトでは、Cookie を使用してユーザー エクスペリエンスを向上させ、分析とマーケティングを実行しています。 当社の Web サイトを使用することにより、クッキーポリシー および プライバシーポリシー に従うすべての Cookie に同意したことになります。
クッキーを受け入れる