1. ブログ
  2. 履歴書ヘルプ
  3. 履歴書に趣味を記載する方法
ロルフ・バックスロルフ・バックス によって書かれました

履歴書に趣味を記載する方法

5 分で読めます
履歴書に趣味を記載する方法
による作品Katya Vakulenko
就職活動では、人間味を出して、採用担当者とつながりを持つことが必要です。だからこそ、履歴書に趣味をいつ、どのように記載するかがとても重要なのです。

履歴書に趣味を書くのはプロらしくないと考える人もいるかもしれませんが、それらの趣味が本物であり、応募者の人間性を高めるものであれば、転職活動の強力な武器になる可能性があります。

そうは言っても、やりすぎは禁物です。履歴書に不用意に趣味を記載すると、貴重なスペースを割いてしまい、採用担当者の興味をそそるどころか、逆に遠ざけてしまう可能性があります。趣味はその職務に関連したものでなければなりません。

この記事で取り上げる内容:

  • 履歴書の項目に趣味をどのように(そしていつ)記載するか
  • 自分のスキルセットと重なる魅力的な趣味を選ぶ
  • 特定の職種や企業に合わせて趣味の欄を調整する方法
  • 履歴書に書くべき(そして書くべきではない)趣味の例
専門家のアドバイス

履歴書に趣味を書き加えるべでしょうか? 履歴書の中で必須の部分はたくさんありますが、趣味のセクションはその中の一つではありません。このブログでは、やや複雑な問題について探っていきますが、要するに、職務に何らかの関連性がある場合にのみ、趣味を記載すればよいということです。

いつどのように履歴書に趣味を記載すればいいでしょうか

履歴書に趣味をどのように、いつ記載するかは、採用担当者の立場に立って考える必要があります。

雇用主は、具体的な実務経験やトレーニングに加えて、ソフトスキルを持つ候補者 - 細部へのこだわり、新しいことに挑戦する意欲、チームとのコミュニケーション能力など - を持つ候補者を求めています。

もし、あなたの余暇の活動がこれらの項目に間接的に該当するのであれば、履歴書に記載することができます。履歴書の趣味欄には、あなたの人間性やエネルギーが描かれ、他の履歴書より優位に立つことができるのです。

履歴書は、直接面接を受けるためのチケットです。履歴書には、あなたがどのような人物で、なぜ募集している職務について話をするのに適した人物なのかを反映させなければなりません。履歴書の趣味欄で、この人にチームに入ってもらいたいと思ってもらうような記載をするヒントを確認してください。

 

 

ここでは、趣味の記載方法をステップバイステップで説明します:

  • ポジションに関連する趣味やスキルで履歴書をカスタマイズする
  • スキル欄のようにコンパクトにまとめる
  • 趣味はバランスよく、かつ紹介しすぎないようにする
  • 個人的すぎる趣味や政治的対立を招く趣味の記載は避ける
  • 履歴書のアピールポイントのセクションに趣味を記載する
  • 最大で2~3個の趣味をリストアップする

履歴書に趣味を書くのは良いことですか?はい、もちろんです、あなたがそう思えば。

専門家のアドバイス

履歴書ではどのように趣味を書き表せばいいのでしょうか? 単純に2~3個の趣味のリストを1行に書くことを選ぶ人もいるかもしれませんが、それぞれの趣味についてもっと言いたいことがある場合(そうすることが有益な場合もあります)、次のような書き方をすることも可能です。

  • 将棋 - 2011年から2014年まで3年連続で県大会優勝
  • 社会人野球 - 地域で大会を開催し各チームの親睦を深めて、地域活動の基盤を強固にした
  • プログラミング - さまざまな青少年スポーツクラブのウェブサイト制作を多数手がけた

自分のスキルセットと重なる魅力的な趣味の選び方

履歴書に記載する趣味は、誠実さと関連性を保ちながら、あなたの最高の特性に光を当てるものがベストです。それぞれの趣味には、仕事で役立つスキルが反映されている必要があります。まず、求人情報の中に織り込まれているソフトスキルを理解することから始めましょう。例えば、以下のようなものがあります。

  • プレッシャーに負けない集中力 - ダウンヒルスキー、ヨガ、ダーツ
  • 厳しい締め切りに対応する能力 - お菓子作り、コンピューターゲーム、クロスワード
  • チームに仕事を任せる - ペイントボール、サッカー、ユーススポーツ
  • 予算と財務 - 旅行、ボランティア、骨董品収集

例えば、ダウンヒルスキーはプレッシャーに負けない集中力を、チームスポーツやボランティア活動はチームワークの良さをアピールすることができます。趣味が面接で出てきそうな会話と結びつかない場合 -例えばボタン集めに熱中しているなど -は、省いてしまいましょう。

このリストが面接での会話のきっかけになる可能性は常にあります。面接官もダウンヒルスキーが好きなら、会話で引けを取らないようにすることができるでしょう。履歴書の趣味は、自分が本当に熱中できるものだけを選びましょう。趣味は任意ですので、本当に関連性のある趣味がない場合は、履歴書での趣味は省略した方が良いでしょう。

専門家のアドバイス

履歴書に趣味をいくつ書けばいいのでしょうか? 趣味をひとつ記載したからといって、自分をバランスよく見せるためにもう2、3個追加しなければならないわけではありません。将来の雇用主が、あまり興味のないほうの趣味を聞いてきて、困ったことになるリスクは常にあります。主な趣味が1つしかない場合(それも多くの人よりも1つ多いことになりますが)、それについてもう少し詳しく話すだけでよいのです。

趣味はどこに書けばいいでしょうか?

履歴書に趣味を記載することで、他の候補者よりも優位に立てる可能性があります。同時に、社外での活動よりは職歴や学歴が優先されます。使用する履歴書のテンプレートによって、趣味はアピールポイントのセクションか、その他の追加情報を含むセクションがあればそこに記載します。

履歴書に趣味を箇条書きで記載するのは、履歴書に関連する経験が少ない場合のみです。たとえキャリアパスから外れていても、これまでの職務経験や、インターンシップ、学歴などは、趣味よりも重みがあります。

箇条書きですっきりと簡潔にまとめつつ、あなたという人間、そして従業員としてのあり方を直接反映するような興味深い情報を盛り込みましょう。

趣味にボランティアや副業が含まれる場合は、「特技、アピールポイント」セクションや職歴の中に盛り込むことを検討してみてください。より一層注目される可能性が高くなります。

専門家のアドバイス

オンライン応募フォームの趣味のセクションは、記入したほうがいいのでしょうか? オンライン応募フォームに趣味のセクションがある場合があります。履歴書の場合も同様です。その職務に関連する趣味があり、あなた自身の適性についてより多くの情報を追加できる場合を除き、空欄のままにしておきます。特に、作り話は禁物です。

2023年の最高の履歴書フォーマット
関連記事
2023年の最高の履歴書フォーマット

履歴書のフォーマットは、あなたの履歴書のどの部分が採用担当者の目に留まるかを決定づけます。

最も印象に残る履歴書の趣味の例

よく挙げられる趣味と、それを仕事に生かすためのフレームワークについて確認してみましょう。

ボランティア活動/理事会メンバー: 履歴書に経験を記載する際は、具体性が重要です。しかし一般的なボランティア活動は、あなたを優位に立たせることができます。最近の調査によると、採用担当者の82%がボランティア経験のある応募者を好むという結果が出ています。チームやコミュニティに対するあなたの献身的な姿勢や、より大きな利益のための長期的な目標達成を物語っているのです。

写真撮影: 写真家は左脳と右脳の両方を使い、カメラの複雑な仕組みを理解しながら、創造的なバランスのとれた画像を構成しています。写真撮影を趣味に含めるのは、それが個人的に情熱をもって行っている場合のみとします。写真撮影やトレーニングが職務経験や職務要件の一部である場合は、職務経験のセクションで写真撮影について詳しく説明する必要があります。

チームスポーツ: チームスポーツに打ち込むことは、強力なコミュニケーションスキル、プレッシャーの下でうまく働く能力、チームワーク能力、そしてワークライフバランスを重視することを示します。Business Insiderでは、チームスポーツのチームメンバーは企業のオフィスで成功する傾向があると報告しています。年間を通していくつかのスポーツチームに参加している場合は、共有しすぎず、活動を短い言葉でまとめる方法を探してみてください。

執筆活動とブログ執筆: 業界内でブログを書いたり、文章を書いたりすることは、履歴書の趣味を通じて、あなたの文章力、編集力、マーケティング力を証明する優れた方法です。よく調べ、校正されたブログを維持することは、批判的思考、業界とのつながり、自己主導的なキャリア行動の証明になります。

本当に素晴らしいものがない限り、趣味について詳しく説明することは必須ではありません。例えば、「マラソンをしている」だけでも十分印象的ですが、「マラソンを100回走ったことがある」なら、もっと印象的です。週末棋士ということなら「将棋」を挙げることもできますが、「有段者」であれば、それに言及したほうがよいでしょう。

専門家のアドバイス

履歴書に書いてはいけないこととは? ここで言及するにはタブーなトピックが多すぎますが、もしあなたがある趣味について職場全体で聞かれるのが嫌なら、それは確実に履歴書に書くべきではないということが言えます。政治や宗教については、どんなに自分にとって重要なことであっても、就職活動では絶対に距離を置くようにしましょう。それは、金曜日の夜に選りすぐりの仕事仲間とお酒を飲んだ後でもいいのです。

最終的な見解

今日の従業員は、個性とワークライフバランスをオフィスでの資産とみなしています。もし履歴書の趣味が、あなたの夢の仕事を引き受ける準備ができているということを物語るのであれば、是非とも履歴書に記載しましょう。履歴書に趣味を記載することで以下が可能になります。

  • 短い文章やフレーズで包括的なストーリーを伝える
  • その職種に関連するソフトスキルを提案する
  • 面接の際に、その仕事に結びつく可能性のある(そして前向きな)会話を引き起こす

スカイダイビングが仕事からの逃避であっても、それが素晴らしい履歴書への鍵となる可能性があります。

まず自分の趣味のリストと職務明細書を見比べて、履歴書での趣味の書き方を考えることを始めます。

趣味のリストと仕事内容が明らかに重なる場合、履歴書の趣味を記載することは面接への切符になるかもしれません。

履歴書 趣味 書き方

15分で履歴書を作成
15分で履歴書を作成
雇用主が求める「履歴書のルール」に正確に沿った、現場でテスト済みのプロフェッショナルな履歴書テンプレートを使用してください。
私の履歴書を作成する
この記事を共有する
読み進める
履歴書ヘルプ4 分で読めます
履歴書に記載する資格(最良のヒントと例)
履歴書に記載する資格(最良のヒントと例)
採用面接3 分で読めます
14のタイムマネジメントスキル:履歴書のための定義と例文
14のタイムマネジメントスキル:履歴書のための定義と例文
履歴書ヘルプ10 分で読めます
履歴書のソフトスキル
履歴書のソフトスキル
カバーレター14 分で読めます
カバーレターの書き方 - 専門家のガイド [2024]
カバーレターの書き方 - 専門家のガイド [2024]
すべて見る
この Web サイトでは、Cookie を使用してユーザー エクスペリエンスを向上させ、分析とマーケティングを実行しています。 当社の Web サイトを使用することにより、クッキーポリシー および プライバシーポリシー に従うすべての Cookie に同意したことになります。
クッキーを受け入れる