1. ブログ
  2. キャリア
  3. 今は転職をすべき時期でしょうか?もしそうなら、どうすべきでしょうか
ロルフ・バックスロルフ・バックス によって書かれました

今は転職をすべき時期でしょうか?もしそうなら、どうすべきでしょうか

4 分で読めます
今は転職をすべき時期でしょうか?もしそうなら、どうすべきでしょうか
もしあなたが仕事で疲れていたり、辟易していたり、満たされていないのであれば、転職をする時期かもしれません。この記事では、今の仕事がもうここまでかどうかを判断し、前向きな転職をするための助 aけとなるでしょう。

最初の質問: 今は転職する時期なのでしょうか?

大人になると、人生でやるべき大きなことの多くはついつい後回しにされがちです。どんな学校に行くか、誰と結婚するか、子供を持つかどうか、どこに住むか、などなど。これらのことはひとまず置いておきましょう。でも、あなたが選んだキャリアはどうでしょうか?このことは早いうちに決めなければなりません。では、人生の後半になってから、転職する時期が来たと判断するにはどうしたらいいのでしょうか?

このガイドでは、キャリアを変えるとはどういうことか、適切な時期かどうかの判断の仕方、メリットは何か、新しいキャリアに挑戦するのに遅すぎることはないのか、などを探っていきます。

今は転職をするのに良い時期でしょうか?

はい、良い時期と言えます。失業率は低くなっている、ということは有効求人倍率は高くなっています。多くの人が、不満のある仕事から逃げ出したいと考えているのです。つまり、企業は労働者を引きつけ維持するためにもっと努力する必要があり、採用担当者は職歴のおける空白期間をいぶかしむ可能性が低くなるということです。

転職のタイミングはどう見極める?

今の仕事にもう十分だと感じているなら、次のステップは、同じ業界で新しい仕事を探す時期か、新しいキャリアを追求する時期かを決めることです。

以下のポイントのどれかに赤信号がともったら、転職が最善かもしれないというサインです。これらのポイントがすべて当てはまるなら、あなたは紛れもなく間違った職業に就いています。

辟易している

平均的な人は、生涯で9万時間を仕事に費やすと言われています。うんざりしながらその時間を過ごすには相当な時間です。

昇進しない

最後に昇進したのはいつですか?新しいスキルに関してはどうでしょうか-定期的に新しいことを学んでいますか?

給料が上がらない

お金がすべてではありませんが、自分がしている仕事には正当な報酬が与えられるべきです。最低賃金法を満たすための昇給は当然ですが、昇給は会社での役割や勤続年数に見合ったものであるべきです。

あなたの従事している職業の給与額の目安については、政府統計の窓口 e-stat の賃金構造基本統計調査のデータをご覧ください。

働きすぎ

見返りがほとんどないまま、余計な仕事や長時間労働を要求されるのは、企業があなたにそうさせるのが当然だと思っている証拠です。時々、夜遅くまで残ったり、週末に働いたりすることは問題ありませんが、残業代をもらっていたり、仕事に熱中している場合は特にその傾向があります。

自分のスキルを活かせていない

もしあなたがウェブ開発者の訓練を受けているのに、生活費のために箱詰め作業をしているとしたら、才能を無駄にしています。

勤めている企業が苦境に立たされている

もし勤めている会社が苦境に立たされているなら、現場にもその兆候があるはずです。

従事している業界が苦境に立たされている

勤めている会社が苦境に立たされているのは、あなたが身を置いている業界そのものが低迷していることが理由だとしたら、今こそキャリアチェンジの絶好のチャンスかもしれません。

上司が嫌い

多くの人は仕事を辞めるのではなく、ひどい上司から去るのです。あなたが上司が嫌いで、先方も同じ気持ちを同様にもっていると感じると、仕事が嫌いになり、本来のパフォーマンスも出せなくなるでしょう。

燃え尽き症候群になっていませんか?

キャリアの燃え尽き症候群は実際にあります。それは「はぁ、今日は仕事が手につかない。」という気持ち以上のものです。この症候群はあなたの感情的、肉体的、精神的な幸福に深刻な影響を与える可能性があります。

アメリカ心理学会のデビッド・バラード精神医学博士によると、燃え尽き症候群とは「疲労困憊し、物事への興味がなくなり、その結果仕事のパフォーマンスが低下する期間が長期間続くこと 」とされています。

燃え尽き症候群の原因は?

キャリアの燃え尽き症候群は、以下のようなさまざまな要因によって引き起こされる可能性があります。

  • 仕事への期待が不明確: 上司が仕事で自分に何を期待しているのかわからない、または、達成すべき目標がころころ変わる。
  • 価値観の相違:会社のやり方が自分の価値観と合わない。
  • 仕事への関心の欠如: うんざりしている、興味がない、自分のスキルが活かされていないと感じている。
  • 孤立: 社会的な支援、フィードバック、評価などがない状態で働くこと。
  • 仕事と生活のアンバランス: よく遊び、よく学べという諺があります。つまり、仕事ばかりしていると、家族や友人と過ごす時間がなくなります。
  • 機能不全の職場環境: 上司やチームの他のメンバーからのいじめ、侮辱、細かいことをいちいち口出しするような環境のことです。

 転職に遅すぎる時期とは?

転職に遅すぎるということはありません!あなたが30歳であろうと、40歳であろうと、50歳であろうと、60歳であろうと、誰でも転職に遅すぎるとは言えません。

好きでなくなった仕事にどれだけ長く就いていたとしても、一生その仕事をし続けなくてはならないなんて、誰が言えるでしょうか?

 転職のメリット

ここまでは、今のキャリアからできるだけ離れたい......場合によっては離れたくない、と思う理由だけに焦点を当ててきました。

しかし、あなた自身にとって転職はどういうことになるのでしょうか?

それは人生を変えるということです。幸いなことに、その決断には価値があります。あなたのキャリアは、意図的に取り組む価値のあるものなのです。

自分の可能性に気づく

一部の人々が信じさせようとしていることとは反対に、生計をたてるためにしている仕事を楽しむことは可能です。そしてその楽しみの多くは、自分の可能性を実現することから生まれます。あなたは天性のリーダーですが、それを発揮する機会に恵まれていないのかもしれません。あるいは、あなたのデザインに対する目は、開花する機会を待っていたのかもしれません。

 5年後、どんな仕事が求められているでしょうか?

今の仕事がある業界の仕事が尻つぼみをしているから転職するということであれば、需要が豊富な業界に入るチャンスです。

現在のスキルを活かす

最初のキャリアが自分のスキルに最も適しているとは限りません。英紙ガーディアンによると、新卒者の約3人に1人が、就職後の仕事でミスマッチがあるということです。

新しいスキルを学ぶ

新しいスキルを学ぶことは、転職の最大のメリットのひとつです。転職が多いことはあまり良い印象を与えませんが、 さまざまな仕事を通じて身につけたスキルは履歴書で、良い印象を与えます。

ネットワークを広げる

新しい仕事に就くということは、あなたを刺激し、支え、指導し、教えてくれる新しい人々に出会うということを意味します。また、新しいチームで働くことで、個人的にも職業的にも成長することができ、自分と同じキャリア志向を持たない同僚と働く停滞感から解放されます。

 収入が増える

純粋に金銭的な理由で転職することは、おそらく成功への最良の方法ではありませんが、より多くの給料をもらえるのは常に良いことです。

そろそろ転職の時期なのでしょうか?

  1. もしあなたが、今のキャリアに挫折したり、興味がなくなったり、満たされないと感じているのなら、転職が解決策になるかもしれません。ただし、十分に計画を練って、リスクを取りますが、勤勉さなしには実現しません。
  2. 今の仕事に嫌気がさし、そろそろ自分のキャリアについてもっと戦略的に考える時期だと考えているかもしれません。危険信号として、辟易している、昇進の見込みがない、過労感、将来への展望が見えない、燃え尽き症候群の兆候などです。これらはすべて、少なくとも一歩下がって自分の状況を分析する必要があることを示しています。
  3. 数日休みを取り、ネットで調べ、上記の質問に答え、履歴書を見直し、人生における目標や向上心を真剣に考えてみましょう。それらは現在のキャリアや仕事と一致しているでしょうか?もしかしたら、転職ではなく、現在の職場で新しい仕事が必要なだけかもしれません。
  4. キャリアを飛躍させたいのであれば、履歴書などの応募書類を新しいキャリアに応用できるスキルを強調するように仕上げましょう。働きたい業界で経験を積むために、講座を受講したり、ボランティアに参加したりすることも検討してみてください。
  5. 最も重要なことは、一歩下がることを恐れないことです。それが最善の行動かもしれません。結局のところ、これは人生を変える決断なのです。
15分で履歴書を作成
15分で履歴書を作成
雇用主が求める「履歴書のルール」に正確に沿った、現場でテスト済みのプロフェッショナルな履歴書テンプレートを使用してください。
私の履歴書を作成する
この記事を共有する
読み進める
キャリア9 分で読めます
なぜ当社で働きたいのですか - この難題への回答法
なぜ当社で働きたいのですか - この難題への回答法
キャリア2 分で読めます
プレゼンテーションスキル:事例と解決策
プレゼンテーションスキル:事例と解決策
キャリア14 分で読めます
2024年の最適な求人サイトと求人掲示板 - 米国と世界各国
2024年の最適な求人サイトと求人掲示板 - 米国と世界各国
採用面接3 分で読めます
どんな面接官へも印象づけるような履歴書に記載する趣味や関心事とは
どんな面接官へも印象づけるような履歴書に記載する趣味や関心事とは
すべて見る
この Web サイトでは、Cookie を使用してユーザー エクスペリエンスを向上させ、分析とマーケティングを実行しています。 当社の Web サイトを使用することにより、クッキーポリシー および プライバシーポリシー に従うすべての Cookie に同意したことになります。
クッキーを受け入れる