1. ブログ
  2. 採用面接
  3. 弱点 :面接官に聞かれたら、どう答えると良いでしょうか
デビー・ブライドデビー・ブライド によって書かれました

弱点 :面接官に聞かれたら、どう答えると良いでしょうか

9 分で読めます
弱点 :面接官に聞かれたら、どう答えると良いでしょうか
面接でよく聞かれる職業上の弱点に関する質問に、不意を突かれないようにしてください。この質問を利用して面接を有利に進めるために、流れを変えるような答えを準備してこの機会を活用しましょう。

あなたの弱点は何ですか? 就職面接でのあの恐ろしい質問は、実はあなたが予想していなかった最高の勝機になる可能性があります。 秘密兵器または救いの手として、効果的な回答ができるかどうかは、質問されることを想定しているかどうかにかかっています。

面接官に自分の最大の弱点を伝えるのは難しいテーマですが、このブログでは以下に触れていきます。

  • なぜ面接官は短所について質問するのでしょうか?
  • 弱点について話すことが、自分の武器になるポジティブな視点
  • 話すのに最良・最悪の弱点
  • 例文を2つの角度から見て、積極的な文脈で弱点を組み立てる方法

なぜ面接官は短所について質問するのでしょうか?

自分の最大の弱点を 1 つだけ、またはいくつか特定して答えるように求められる場合があります。いずれにせよ、面接でよくきかれるこの質問の目的は一つ、これまで明らかになっていない自分の別の一面を採用担当者に見せることです。

これまでは資格や個人的資質が正しく強調されてきました。その点で説得力のある履歴書とカバーレターが、最初の段階としての面接の機会を勝ち取ることができたことでしょう。面接の大部分は、理想的な候補者としてのあなたの長所に焦点が当てられるはずです。明らかに、あなたも採用担当者もこのままであることを望むでしょう。

しかし現実的に、完璧な人はいないし、あなたも例外ではありません。完璧なふりをするのは非現実的で信頼できませんし、自分に好ましくない結果を招くでしょう。

同時に、面接官は「弱点は何ですか?」という質問自体に、主観的な限界があることを認識しています。ほとんどの人にとって、馴染みのある仲間内だとしても、弱点を内省をすることは気持ちのいいことではありません。すべてがかかっている「採用ライン」では、あなたの印象すべてがほとんど知らない人に左右されるという厳しい監視下にあるため、不用意な回答が大惨事になる可能性があります。

そのため、採用担当者はあなたがそのポジションに適しているかどうか、さらに考えを深めていくだけではなく、自己認識と誠実さに対する何らかの指標を求めています。そして何よりも、あなたが弱点に対して改善をして、さらに発展させる意欲と能力があるかどうかに関心があります。これは、積極的に問題を解決していけるかどうかの判断力と分析力に関する手がかりとなります。

面接での「自己紹介をお願いします」に答える方法(例文付き)
関連記事
面接での「自己紹介をお願いします」に答える方法(例文付き)

「自己紹介をお願いします」- 面接でほとんどの候補者がいずれかの時点で直面することになる、恐ろしい導入質問です。このブログでは、その質問への回答方法と優れた回答例をご紹介します。

弱点に関する質問の別の側面

面接での弱点に関する質問の良い面を理解することは、その質問を予測し準備を整えることと並行して行うことになります。面接で弱点についてどう話すかは、卓越したスキルになりえます。これにより、弱点に関する質問に驚いてしまう他の面接候補者との差別化が可能になります。

さらに可能性が高いことは、面接を受ける他の全員ではないにしても、他の面接者も持っている強みは、ほとんどと共通しているでしょう。その強みには、その職務の候補者になるための必須要件が含まれているはずです。採用担当者は、面接でこうした強みが繰り返し登場することは当然だと考えるだけでなく、内容がほぼ同じであるため、聞いたことがぼやけ始め、目立たないと感じる可能性があります。

そこで「弱点」の質問を、他の候補者から差別化できる絶好の機会と考えましょう。弱点の話題が面接官に好印象を持ってもらう妨げになるとか、罠だという考えを手放しましょう。かわりに、弱点を強みとして組み立て直す機会として喜んでください。ここで重要になる言葉は「フレーミング」です。目的は、弱点そのものではなく、関連する文脈での表現方法に注意を移すことです。

超高次な自分を演じなければならないというプレッシャーが緩和されると、少し気分が前向きになりますが、それは決して極端に明るくという意味ではありません。面接では真剣でいなければなりませんが、必ずしも自分にとって不利に働かない不完全さを明らかにするということです。

H2 就職面接での弱点の話し方

就職面接での好ましい弱点例をお伝えする前に、面接にどう対処するかについての一般的な考え方をいくつかご紹介します。

  • 「完全に正直であること」と「正直であることに完全な」の決定的な違いを心に留めておきましょう。前者はここで説明する面接のシナリオで望ましいですが、後者は不誠実に聞こえます。
専門家のアドバイス

面接官に弱点を尋ねられて、自分に弱点があることを否定することは決しておすすめできません。傲慢に聞こえます。冗談や軽い答えも好印象は与えません。「言いたくありません」や「うーん、もう少し考える必要があります」と言うのも同様に賢明ではありません。

  • この仕事にとって重要なスキルや特性についての弱点を語ることは、自分で自分を失格にしてしまう落とし穴です。その仕事に不可欠なスキルや特性に関することは、弱点リストから排除する必要があります。
  • 同様に、慎重に選んだ弱点のリストを事前に用意しておきましょう。それぞれの項目を非常に具体的に、焦点を絞って述べます。ここでは、適当に思いつきで回答している場合ではありません。「弱点」の質問をされなくて済んだとしても、準備していて損はないはずです。
  • 弱点について正直で前向きに話すことは可能です。単に「下手」「失敗」「不得意」「問題がある」といったネガティブな言葉やフレーズは避けるだけの問題かもしれません。また、ある状況下での弱点が、別の状況下では強みになりうる場合があります。
  • 過去、現在、未来の行動計画と並行して、改善の余地あることを積極的に述べることは、弱点ではなく強みを示すことになります。ここでの巧みなコミュニケーションは、挑戦を機会としてとらえる力を示しています。
専門家のアドバイス

まずは基本

面接官によっては、強みと弱みをそれぞれ独立した質問として尋ねる場合があります。その一方で、「一挙両得」のように聞く場合があります。

後者のケースでは、弱みから述べるのが有利です。話の流れを細かくコントロールできるため、ネガティブな方向からポジティブは方向へ変えるタイミングと方法を、自分で決定できます。

適切なタイミングで適切な弱点を

面接で話す「最適な」弱点とは何でしょうか?他の求職戦略と同様に、採用状況によって異なります。自分の強みを直接関連する職務と企業に合わせてカスタマイズするのと同じように、特定の面接で言及する(または言及しない)具体的な弱点も、面接ごとに対応させる必要があります。

前述のとおり、言及する弱点は以下の点に注意しましょう。

  • この仕事に必須または重要な能力に関することは入れない
  • 改善する取り組みの過程で、その弱点の影響を克服または最小限に抑えるというあなたの意欲を反映させる
専門家のアドバイス

それぞれの履歴書に合わせた長所のマスターリストを作成することをお勧めしているのと同じ理由で、自分の弱点のマスターリストを用意し、必要なときに最適な選択ができるようにしておくと便利です。就職面接では、弱点に関する質問に対して3つの例を準備しておきましょう。3つは一般的に求められる数です。

まず、自分のスキルの欠点、問題の特性や傾向を正直に洗い出すことが第一歩です。行き詰まったら友人や同僚にアドバイスを求めましょう。

履歴書や面接で選択して強調する強みと同様、弱点のリストもハードスキルとソフトスキルに大まかに分類できます。

ハードスキル ソフトスキル
職種に固有 職種によって異なるが、ほとんどの職種において一般的に重要
習熟度は測定可能なことが多い 必ずしも定量化できない
学校や職場で習得、向上させることができる 主に先天的なもので、社会的、制度的に発達。パーソナリティと行動を反映している

面接での良い弱点はどのようなものでしょうか?

以下は、すべての仕事で必要、または重要ではない能力や資質の一般的な例です。つまり、これらについての弱点があると話しても、業務遂行能力が低いと意味することはありません。

ハードスキル ソフトスキル
高度なコンピュータまたは技術スキル 気軽に業務を委任したり、断ったり、助けを求めること
数学 目標設定と優先順位付けのバランスが上手くできる
ファイナンス、会計 自発性、柔軟性、適応力、リスクを負う
科学分野 自信があり、自己主張ができ、はっきりと意見を言う
調査、分析 人前で話す、プレゼンを行う
ライティング 指示、フィードバック、支援を与える/受けるやり取り
外国語 単独で、あるいはチームで働く
身体的なもの - 強さ、持久力、調整力、柔軟性、スピード  
作業固有の運動技能  
機器の操作  
専門家のアドバイス

学生や新入社員の弱点

まだ学生であったり、あるいは社会人になりたての方は、就職面接で弱点について尋ねられたときに、学業上の苦手分野を挙げることが適切でしょう。ただし、採用の可能性を失うような科目が苦手だということや、落第したことではなく、求人内容と直接関係のないことを選んでください。例えば、仕事に直接関係する内容のレポート作成や、指示に従うことへの強みを気を付けて話すことができれば、小論文やテストが苦手だと述べることは、面接では適切な弱点になりうる可能性があります。

面接ガイドの決定版
関連記事
面接ガイドの決定版

面接は大きなストレスを感じるものです。準備して練習することは、大事な日に向けて自分を整えるための最善の方法です。この面接ガイドは、あなたが素晴らしい結果を得るための最適なアドバイスをご紹介し、あなたが面接に臨むのにお役に立てるでしょう。

就職面接での弱点リストと回答例

面接官は、学習、成長、改善といった自己啓発の道のりを歩むあなたに感銘を受けずにはいられないでしょう。この仕事に失格してしまうような事態を避けるためにもう一度確認しますが、自分の弱点をより良い仕事をするための努力という文脈でとらえることは、それほど難しくありません。以下の2つのアプローチ例とともに説明します。

~についてもっと学ぶことができます(練習を積むことができます)

ほとんどの求職者は、今あるいは将来、学んだり向上させる価値のある才能、特性、傾向があるはずです。すでにその目標に向けて行動を起こしているかもしれませんが、さらに知識と経験が求められる分野かもしれません。

就職面接で弱点について話すこのアプローチは、無数のハードスキル、ソフトスキルに適用できます。具体的であればあるほど良いのです。以下は、面接で弱点について話す際の例のほんの一部です。

  • データ分析結果の解釈
  • デジタルマーケティングコンテンツの作成
  • チームビルディングとリーダーシップ
  • セールスのオープニングとクロージング手法
  • 優先順位の管理
  • プレゼンと報告書用に魅力的なグラフとチャートの作成
  • 医療予約のスケジュール用ソフト
  • <特定の>業界における法規制の最新動向
  • 職場におけるパーソナリティー類型とコミュニケーションスタイル

以下は、就職面接用の弱点リストの例として、カスタマイズできる例です。

弱点例: オフィスソフト

数年前に、ボランティアでのコミュニティグループの中で基本を学んでからというもの、PowerPointにはまってしまいました。史上最大の発明と言ってもいいと思っているくらいです。プレゼンに直接関係ない場合でも、色々と可能性を秘めていると信じています。オンライン講座を受講し、YouTubeで常に新しいヒントを得ています。

コピーしました!
弱点例: 職務固有のハード / ソフトスキル

対面での交渉のテクニックや戦略については特に、もっと経験を積むことができるのではないかと思っています。このスキルに関しては地元のセンターで開催されたワークショップに参加して、大学で学んだことに磨きをかけ、さらに実践することで本当に役に立っています。

コピーしました!
弱点例: 対人コミュニケーション能力

内気な性格、人前で話すことへの恐怖、さらには同僚や上司の前で口を閉ざしてしまうことは、長年の課題でした。多くのサポートを受けつつ実践練習を行ったおかげで、長く思えた道のりを乗り越えつつあります。しかし、2年前に最大の進歩がありました。それは、大学の演劇プログラムを通じて、即興クラスに申し込んだことです。

コピーしました!

長所の裏返しとなる弱点

職務によっては、有益な方向と不利益な方向の両方の意味において、長所と短所には微妙な境界線が存在することがあります。これは時に、行き過ぎた労働倫理の範囲に入ってしまいます。

完璧主義は、喜ばしいことと忌まわしいこととして思い浮かぶ典型的な例です。ミスのカバーを期限までに間に合わせたことで、面目を保つことができて会社から感謝されることがあります。その一方で、徹底した正確さに執着するあまり、締め切りに遅れたり、プロジェクトが未完となってしまうことは、徹底的に正確であることに執着するあまりの犠牲かもしれません。

細部にこだわりすぎる「問題児」として、管理できる範囲を超えてプロジェクトを考えすぎたり、何度も考え直すことがあります。また、先延ばしすることも、必ずしもスタートの遅れだけが原因とは限りません。もう十分にやったとしても、やめ時が分からないことも原因としてあります。

その他の労働倫理を装った、一般的な弱点を以下に示します。

  • 長時間労働、仕事とプライベートのワークライフバランスをとることが苦手
  • ひとつのタスクに集中できない、切り替えが苦手
  • 現実的な限界を設定できず、無理をしてしまう(人を喜ばせる行動が多い)
  • 物事がスムーズに進まなかったり、予定通りに進まなかったりしたときに焦りを感じたり、イライラする
  • 同僚が貢献してきたことを損なう競争心

以下は、労働倫理に関連する弱点を説明するための例です。

弱点例: 完璧主義、考えすぎる、細部にこだわりすぎる

ある執筆プロジェクトに熱中するあまり、当初はうまくまとまっているように見えたにもかかわらず、軌道から外れてしまうことがよくありました。リサーチ対象を深く掘り下げるたびに、浮かび上がってくる余計な詳細部分に気をとられてしまい、最終成果物の質を高める可能性に圧倒されてしまいました。この段階で計画外の内容を大幅に取り込むと、編集作業は悪夢のような試練になってしまいます。

リサーチ集中型プロジェクトの前工程で、作業計画の締め切りを事前に設定することが、非常に役立つことが分かりました。ここで全体像を見ることで、厳密な期限と同時に、事前リサーチの全容を反映できるようになりました。つまり、プロジェクトの開始を早めつつも、以前は後回しにされていたボトルネックを避けることができました。また、後行程でのストレスや疲弊を避ける上で、大きな違いをもたらしました。

コピーしました!
弱点例: 助けを求めること

現職では、役に立ちそうな時でも必要な場合でも、助けを求めることに慣れるのに時間がかかりました。以前は小さなオフィスで単独で働いており、ほとんどあるは全くと言っていいほど、管理されることはありませんでした。その時の仕事は単純明快で、一人での仕事量がそれほど負担になることはありませんでした。

徐々に、疑問がある時や負担に感じる時に、同僚や上司に相談することが気兼ねなくできるようになりました。彼らの反応はいつも前向きで、協力的な雰囲気はモチベーション向上に役立っています。それと同時に仕事の質と効率も向上しました。

コピーしました!
弱点例:「ノー」と言うのが苦手

自分が貢献してきた仕事を、上司や同僚に感謝されたり評価してもらったりするのは、もちろんうれしいことですが、彼らの要求に「ノー」と言えないのも弱点だと自覚しています。単発の頼みごとであれ、新たな業務に取り組むことであれ、助けたいという気持ちが、現実的にどこまで対応できるかという判断を鈍らせてしまうことがあります。

ノートパソコンやスマートフォンのプロジェクト管理アプリを使うようになってから、この状況をずっと上手く扱えるようになりました。一目見るだけで、自分のすべての業務が色分けされた状態で確認できます。 私は、ためらうことなく、あるいは誰かを失望させたと罪悪感を感じることなく、「はい」「いいえ」「恐らく」と伝えることができます。

コピーしました!
弱点例: マルチタスクの罠

以前の職場では、マルチタスクが美徳であると思い込んでいましたが、その概念自体に疑問を抱くようになりました。マルチタスクをこなすことが、より多くのことをより速くこなすことでより良くなった、またはより賢くなったと、本当にいえるのだろうか?という疑問です。もしそうであったとしても、もう今ではそうは思えません。そこで私はこのテーマについて調べ、代替案を試してみることにしました。

シングルタスクの利点について私が見つけたことは、解放感でした。自分の生産性、効率性、エネルギーに大きな違いをもたらしました。シングルタスクに関する3大のポイントは、ストレスがはるかに少ないこと、「できること」ではなく「やるべきこと」に集中できること、そして創造性が高まることです。

コピーしました!

就職面接での弱点を話す際の重要ポイント

  • 真剣に仕事を探しているあなたの価値を、より深い次元で伝えることができるこの機会に向けて、慎重に準備してください。 自己改善の目標について内省的に考えることで、当然同じ強みを共通して持っている他の候補者よりも優位に立つことができます。
  • 求職戦略に沿って他の項目をカスタマイズするのと同様に、状況に応じて弱点をカスタマイズすることが大切です。必須又は重要な職務要件への影響がないことを確認してください。
  • 弱点をポジティブで積極的な文脈でとらえ、現在進行中の取り組みとして、成果につながる修正ステップを強調します。
15分で履歴書を作成
15分で履歴書を作成
雇用主が求める「履歴書のルール」に正確に沿った、現場でテスト済みのプロフェッショナルな履歴書テンプレートを使用してください。
私の履歴書を作成する
この記事を共有する
読み進める
履歴書ヘルプ3 分で読めます
履歴書における学歴の記載方法
履歴書における学歴の記載方法
履歴書ヘルプ5 分で読めます
組織力とは何でしょうか?
組織力とは何でしょうか?
履歴書ヘルプ2 分で読めます
履歴書に趣味や関心事を書くこと
履歴書に趣味や関心事を書くこと
キャリア3 分で読めます
背水の陣を敷くことなく仕事を辞める方法
背水の陣を敷くことなく仕事を辞める方法
すべて見る
この Web サイトでは、Cookie を使用してユーザー エクスペリエンスを向上させ、分析とマーケティングを実行しています。 当社の Web サイトを使用することにより、クッキーポリシー および プライバシーポリシー に従うすべての Cookie に同意したことになります。
クッキーを受け入れる