1. ブログ
  2. 履歴書ヘルプ
  3. 履歴書にすべての仕事を記載しなくてはいけませんか?
スーザン・ショースーザン・ショー によって書かれました

履歴書にすべての仕事を記載しなくてはいけませんか?

6 分で読めます
履歴書にすべての仕事を記載しなくてはいけませんか?
多くの人が、履歴書にこれまでの職歴すべてを記載すべきかどうかで悩んでいます。前職の扱いに関する決まった規則はありませんが、以下のヒントが、履歴書に過去のすべての仕事を記載する必要があるかの判断をする際の参考になるでしょう。

優れた履歴書の作成にはある程度の時間と労力が必要ですが、その履歴書で夢の仕事を手に入れた時、その時間は無駄ではなかったことがわかります。しかし、多くの求職者がこの課題に直面したとき、特にどれだけの情報を記載すべきかに悩むものです。あなたの履歴書は、就職活動のカギとなります。

では、どのように判断すればよいでしょうか。決まった規則はありませんが、履歴書にすべての仕事を記載する必要があるかの判断をするガイドラインがこちらにあります。

応募する仕事に関連する情報を追加する

毎回新しい文書を作成しないとしても、少なくとも応募する仕事に合わせて 履歴書を調整する必要があります。採用担当者は、あなたが本当にその仕事を望んでいるか、またインターネット上のすべての仕事リストに対して、単純に履歴書を送信しているだけではないかということを知りたいと思っています。これは、関連性のない分野で数年間の経験がある場合は、応募に直接関連する役割または分野にのみ焦点を当てることを意味します。この場合、これらの関連しない仕事を履歴書から完全に除外するか、「関連する職歴」と「その他の職歴」というセクションでリスト化することができます。このようにすることで、採用担当者は、重要でない情報に捕らわれることなく、関連する職務経験の概要を簡単に把握することができます。

する
しない
  • 嘘をつく、誇張する
  • 関連性の低い仕事もリストアップして、履歴書を長くしてしまう

一方、新卒者や専門的な経験があまりない場合は、これまでの経験をすべて列挙する方がよいでしょう。これは、高校や大学時代に行った仕事、インターンシップ、ボランティア活動、さらには期間限定労働にも当てはまります。フルタイムで働いていた必要はありません。アルバイト経験でも、未経験よりは良いのです。企業は、どんなに些細な仕事や無関係な仕事でも、あなたが以前に何らかの職で働いていたという証拠を求めます。

専門家のアドバイス

履歴書は明確かつ簡潔にしてください。

応募するポジションについて、関連する情報のみを記載すると、履歴書が長くなりすぎることは決してありません。

短期の職歴を記載する義務はありません

前の役割がうまくいかなかった場合、特にその会社で数カ月しか勤めていない場合は、履歴書に記載する必要はまったくありません。それ以外の場合でも、人事部門があなたのすべての前職を調べる時間やリソースがある可能性は、ほとんどありません。実際、ほとんどの場合、リファレンスチェックを行い、あなたが述べた場所で実際に勤務したことを確認するために、以前の企業の人事部に電話をかけることまでしかしません。これは次の点に直接つながります。

もしそのキャリアの寄り道を、採用担当マネージャーに好印象を与える学習体験として変換できると感じたら、ぜひ挑戦してください。自分自身を理解し、自分に合ったものを理解し、過ちを認め、そこから何を学んだかを説明することで、あなたは成長することができたのです。

Q: どのような時に仕事のすべてをリストアップしなければいけませんか?

A: セキュリティクリアランスが必要な仕事に応募している場合は、身元調査であなたのすべての仕事が明らかになります。

過去10~15年間に限定する

キャリアがすでに10年以上に及んでいる場合、履歴書に記載する項目を過去10~15年の職歴に限定することをお勧めします。もちろん、このルールはキャリアや分野を変更する場合には、必ずしも当てはまりません。この場合、直近の経験よりも関連性の高い経験に焦点を当てることの方が重要です。しかしながら、業界の変化のスピードは非常に速いので、20年前のコンピュータープログラミングの仕事を記載する理由はほとんどないと言えます。この経験は、今日のIT環境では意味がないからです。

履歴書例の多くは、2つのポジションが記載されています。

以下は10年間で3つを列挙した例です。

時系列の履歴書フォーマットを使用する

時系列の履歴書フォーマットは最も一般的ですが、それについては多くの誤解があります。自分にとって最適な選択かどうか、フォーマットの形式、記載すべき情報、各セクションの整理の仕方を確認してください。

企業によっては、過去5年間から10年間に勤めた全ての仕事の詳細なリストを提供するよう求める場合があります。この場合、税務記録などでこの情報を検証する可能性が高いため、すべてを完全に記載する必要があります。何かを省略することを決めた場合は、不採用となる可能性があります。

別の職種に転職しようとしている場合は、どの履歴書フォーマットを使用するか検討してください。逆時系列が望ましいとされますが、目的とする仕事との関連性に基づいて、前の経験をグループ化した方がよい場合もあります。必要に応じて、履歴書に他の職務経歴のセクションを作成することができます。

Q: 短期間に多くの仕事をした場合は、どうすればいいですか?

A: 機能的履歴書フォーマットを検討することもできますが、なぜこれほど転職を繰り返したのかを説明する必要があることに注意してください。パーソル総合研究所によると、現代の若手労働者は「働きやすく成長できる職場」を求めている傾向があります。同時に今の職場で働き続けながら、転職も視野に入れている人も少なくありません。終身雇用の概念が徐々に影をひそめつつある現状では、転職経験者も増加傾向にあります。転職が多い理由を聞かれた場合は、ポジティブに伝えましょう。ルートテックのこちらの記事によると、前向きな理由、転職に一貫性があること、意欲的な姿勢などが、転職回数が多くても採用される理由です。ネガティブに見える側面も、ポジティブに変換することが必須です。

解雇された仕事の記載について

これも「場合による」という答えになります。その仕事が自分に向いていない、または上司と性格的に不一致があることが早い段階で明らかになった場合は、それを記載する必要はありません。特に、その経験が現在求めている仕事と関係がない場合に当てはまります。

長期の職からクビになった場合は、確実にその仕事を履歴書に記載する必要があります。単に解雇されたとは書かないでください。しかし、「なぜこの仕事を辞めたのですか?」という質問に答える準備はしておく必要があります。この質問への対処法はいくつかあります。最大のタブーは嘘をつくことです。新しい機会を求めていたと説明することで、理由を誤魔化すことを選択できますが、リファレンスチェックの際に、以前の職場があなたが解雇されたことを明らかにする可能性があることを覚えておいてください。したがって、正直であることが最善の策となります。

解雇の理由を説明する際に、どの程度正直である必要があるでしょうか。私たちの答えは「簡潔かつ正直に」ということです。詳細に踏み込む必要はありません。日本の場合、従業員を合理的な理由なしに解雇できません。こちらのサムライソウルの記事では、解雇の種類とよくある2種類の整理解雇と普通解雇に関して以下の記載がありますので、参考にしてください。

「整理解雇の場合

整理解雇は会社の都合による解雇です。具体的には、倒産や業績不振、事業廃止などがこれに当てはまります。労働者本人にはほとんど非がない会社都合による整理解雇では、その後の転職活動においてマイナス評価になることはほとんどありません。

正直に「会社の都合で解雇となった」と伝えれば、人事側も「仕方がない」と理解してくれるでしょう。」

「普通解雇の場合

労働者のスキル不足や周囲との協調性のなさ、および就業規則違反などを理由として行われるのが普通解雇です。整理解雇や普通解雇では解決できないような違反行為があったり、不正や反社会的な行為があった場合には懲戒解雇となります。懲戒解雇の場合は選考に影響を与えますが、普通スキルの場合は必ずしもマイナスの影響を与えるとは限りません。

しかし、スキル不足や就労に対する姿勢などが原因として解雇されている以上、良い印象を与えることはほとんどありません。伝え方や表現方法などに注意をするようにしてください。」

インスピレーションのために

解雇された後に成功している人々のリストは以下となります。

  • スティーブ・ジョブズはアップル社から解雇されました
  • マーク・キューバン(アメリカの実業家)は営業職としてやっていけませんでした
  • マイケル・ブルームバーグ(ブルームバーグ社創立者)は証券ブローカーのサロモンブラザーズを解雇されました
  • オプラ・ウィンフリー(テレビ司会者)は「テレビのニュースにふさわしくない」と言われました
  • ウォール街で最もパワフルな女性と呼ばれたサリー・クローコフはバンク・オブ・アメリカから解雇されました
  • リー・アイアコッカはフォード社から解雇されました
  • ホームデポ(世界最大のホームセンター)の創業者バーニー・マーカスとアーサー・ブランクは、改装会社ハンディダンから解雇されました

*Source: Business Insider

嘘をつくことなく自分を良く見せる

以前勤めていた企業のすべてをリストアップする理由はありません。理想とは言えない条件で辞めた場合は、特にそうです。しかし、これは虚偽記載をしていい口実にはなりません。実際、就業規則に記載された解雇事由に該当する場合、またはその虚偽が労働者の従業員としての資質や能力の評価に関する重要な事項であった場合などには、解雇が認められる可能性があります。ほとんどの場合、履歴書と面接で述べられたすべてが真実であることを明記した文書に署名することを求められるでしょう。つまり、正直さこそが最良の方針なのです。

職歴に大きな空白期間を作らない

結局のところ、履歴書に含める情報の量はあなた次第です。経験が豊富でない場合は1ページの履歴書が目標ですが、2ページである求職者が多いでしょう。それ以上の長さにはしないでください。

Q: オンラインでの応募の場合はどうでしょうか?

A: オンライン応募のトリックは、ATS システムが特定の日付を要求する場合があるため、ギャップがより顕著になることです。 そのような状況である場合は、カバーレターまたは 面接時に、空白期間を説明できるようにしてください。

関連性の高い情報に重点的に取り組むことで、重要性の低いものについては簡潔に、または完全に省略することができます。しかし、空白期間がありすぎてはなりません。なぜなら、それは採用担当者の心に疑問がよぎるからです。記載されていない期間が長い場合は、質問に答える準備をしておく必要があります。ほとんどの企業は、長期間仕事をしていないことは望ましくないと考えるでしょう。これは、関連性の低い内容や短期的な仕事が含まれることを意味する可能性がありますが、あなたが数年間失業していたと企業に思われてしまう可能性もあります。それを防ぐために、企業名、期間、職位のみを記載し、詳細な職務説明は省くことを検討してもよいでしょう。

また、LinkedInのプロフィールが履歴書の職歴と一致していることを確認してください。採用担当者はあなたを検索する可能性が高く、そこが矛盾していたことが理由で新しい仕事に就くことができなくなることは避けたいものです。

適切な仕事を探しているときは、職務経歴が与える印象について慎重に考えることが自分にとって最善の利益となります。

15分で履歴書を作成
15分で履歴書を作成
雇用主が求める「履歴書のルール」に正確に沿った、現場でテスト済みのプロフェッショナルな履歴書テンプレートを使用してください。
私の履歴書を作成する
この記事を共有する
読み進める
履歴書ヘルプ3 分で読めます
履歴書写真の選び方
 履歴書写真の選び方
採用面接7 分で読めます
就職面接ではどんな服装をすればいいでしょうか
 就職面接ではどんな服装をすればいいでしょうか?
採用面接2 分で読めます
2023年版退職伺いメールの書き方(例文つき)
How to write a resignation email in 2021 (with examples)
履歴書ヘルプ8 分で読めます
履歴書への職務経験の書き方
履歴書への職務経験の書き方
すべて見る
この Web サイトでは、Cookie を使用してユーザー エクスペリエンスを向上させ、分析とマーケティングを実行しています。 当社の Web サイトを使用することにより、クッキーポリシー および プライバシーポリシー に従うすべての Cookie に同意したことになります。
クッキーを受け入れる