1. ブログ
  2. 履歴書ヘルプ
  3. 履歴書における強み
アンナ・マッカーマンアンナ・マッカーマン によって書かれました

履歴書における強み

3 分で読めます
履歴書における強み
素晴らしい履歴書には、あなたの強みが光ります。単に持っている能力だけではなく、あなたを際立たせる特徴や知識が盛り込まれています。履歴書に強みを加えることで、その分野における専門知識や熟練度を強調できます。適切な強みを履歴書に記載すると、そのポジションの有力な候補者として採用担当者の目に留まるでしょう。

このブログでは、履歴書に記載すべき強みについて、以下の内容をご紹介します。

  • 履歴書における強みについて
  • 履歴書に記載すべき強みの具体的な例
  • キャリアの浅い人の履歴書における強みの見つけ方
  • 履歴書にあえて記載すべきでない強み

履歴書における強みとは?

まず、あなたがどの分野で働いていたとしても、際立った履歴書を作成するためにいくつかの強みを挙げてみましょう。

  • 魅力的なヘッダー: 世界標準形式の履歴書では、一番上に位置するヘッダーが重要です。採用担当者が履歴書を見た瞬間に目に飛び込むヘッダーは、あなたをアピールするのに役立ちます。あなたの名前と連絡先を強調し、色やデザインに工夫を凝らすことで、履歴書の大きな強みとなります。
  • 適切なフォーマット: 内容以外の部分も同様です。余白と文字のバランスのとれた、読みやすいフォーマットを使用しましょう。また、統一感のあるフォントや色使いも洗練された印象を与えます。
  • ミスのない文章: 誤字脱字や書き間違いのない文章は他の応募者との差別化につながります。必ず校閲ツールを使用するか、友人に校正を依頼しましょう。
  • 職務に特化した内容: 履歴書に記載すべき一番大事な強みは、職務に特化した内容です。募集要項には、その企業が求めているスキルや知識が記載されているため、大きな助けになります。履歴書全体を通して、このような参考情報を使うようにしましょう。
  • 自信を持ちつつも敬意のこもった文体: 適切な文体は履歴書において最大の強みとなります。傲慢(ごうまん)な人、思い込みの強い人と思われることなく、自分自身と自分の能力をアピールしましょう。

履歴書に記載すべき強みの例

ではその職務に最適な人材とみなされるための核となる能力を見てみましょう。あなたの最大の強みは何ですか?優れた社員の特徴は?履歴書に記載するのに適した強みは、分野や経験レベルによって多少異なります。しかし、どのような履歴書にも記載できる、普遍的な強みの例をいくつかご紹介します。

戦略的な計画力: 会社の目標とその中での自分の役割について戦略的な視点でアプローチできる能力は、あなたが会社に貢献する能力がある人物であることを採用担当者に示します。

コミュニケーション力: 優れたコミュニケーション能力は、流行に左右されない重要な強みです。

柔軟性:「問題解決型」や「解決志向型」といった言葉が、募集要項でよく使用されているのには理由があります。採用担当者は、問題を多角的にとらえ、前向きな姿勢で取り組むことができる候補者を求めています。

チームワーク力: コミュニケーション力と同様、チームワーク力も古くからある強みですが、今日も変わらず求められています。

キャリアの浅い人の履歴書における強みの見つけ方

駆け出しの人(経験の浅い人)や新卒者が履歴書に記載すべき強みを見つけるのは大変なことかもしれません。しかし、履歴書にふさわしい強みのいくつかは、あなたがすでに持っているものだということを認識しておくことが重要です。性格的特徴や持っている才能に焦点を当てることで、採用担当者に自身の強みを示すことができます。その才能を持ち合わせていない人には、教えられないものだからです。

以下は、経験の浅い人向けの履歴書の強みのキーワード例です。

  • 学習意欲
  • 創造性
  • 積極性
  • 意欲的
  • 自主性
  • 忍耐強い

履歴書に記載する主要な強みが決まったら、それを盛り込むための計画を立てることが重要です。履歴書に強みを追加する際には、主に3つのセクションに焦点を当てる必要があります。

  1. サマリー:サマリーセクションは、履歴書の中で採用担当者に自分の言葉で直接アピールできる唯一の場所です。

     
  2. 職歴: 職歴セクションは、あなたの強みを最大限に活かす重要なスペースで、数字や説明を加えてあなたの業績を数値化することが有効です。

     
  3. スキル: スキルセクションは、最も重要な自分の強みを強調する場所です。
する

履歴書スキャナや採用担当者が探している内容を反映するため、募集要項に記載されている言葉を使って強みを記載しましょう。

しない

虚偽の資格や情報、募集されているポジションにとって意味のない資格を詰め込むことは避けましょう。

 履歴書にあえて記載すべきでない強み

自分の強みをアピールするのにおすすめできない方法の一つとして、履歴書によくある決まり文句につい頼ってしまうことがあります。以下のような用語は履歴書で頻繁に使われるため、もはや意味をなさないものとなっています。

  • 積極的
  • 努力家
  • 既成概念にとらわれない
  • 几帳面
  • 勤勉
  • 明るい
  • 結果重視
  • 論理的
15分で履歴書を作成
15分で履歴書を作成
雇用主が求める「履歴書のルール」に正確に沿った、現場でテスト済みのプロフェッショナルな履歴書テンプレートを使用してください。
私の履歴書を作成する
この記事を共有する
読み進める
履歴書ヘルプ6 分で読めます
LinkedInに履歴書をアップロードするには(3つの方法)
LinkedInに履歴書をアップロードするには(3つの方法)
カバーレター3 分で読めます
志望動機書の書き方
志望動機書の書き方
カバーレター8 分で読めます
応募レター vs. カバーレター: 長所と短所、求人応募の場面でのヒント
応募レターとカバーレターの違い:長所と短所、求人応募の場面でのヒント
採用面接4 分で読めます
オンライン面接のコツとは
オンライン面接のコツとは
すべて見る
この Web サイトでは、Cookie を使用してユーザー エクスペリエンスを向上させ、分析とマーケティングを実行しています。 当社の Web サイトを使用することにより、クッキーポリシー および プライバシーポリシー に従うすべての Cookie に同意したことになります。
クッキーを受け入れる