1. ブログ
  2. 履歴書ヘルプ
  3. 自分の性格における長所と短所(就職活動中での対処法もご紹介します)
スーザン・ショースーザン・ショー によって書かれました

自分の性格における長所と短所(就職活動中での対処法もご紹介します)

4 分で読めます
自分の性格における長所と短所(就職活動中での対処法もご紹介します)
による作品Stas Podgornov
あなたは夢の仕事の面接を予約しました。とても楽しみです!あなたは本当に成功させたいと思っていますが、ある質問が来ることも知っています。「あなたの長所は何ですか?」そして「あなたの短所は何ですか?」夢の仕事を得るために適切に答えたいところです。

このブログでは、以下のトピックを取り上げます。

  • 自分の長所と短所の見つけ方
  • 採用担当者はどのような長所を求めているのでしょうか?
  • 長所と短所に関する質問の回答例

履歴書の長所・短所の書き方をお探しなら、履歴書の例文や就職に有利な履歴書のテンプレートをご覧ください。

長所と短所のリストを作成する方法例

まず、自分自身の棚卸しをしてください。自分の長所が何なのかがわからないと、この質問には全く答えられません。技術的側面や業界の知識だけでなく、あなたが従業員として評価されるためのあらゆる特性を考えてみてください。自分の長所に誇りを持ちましょう。そうすることで、より強力なリストを作成するのに役立つだけではなく、面接で自分の長所を説明するときに、あなたの自信を示すことができます。

控えめな人は、リストを作成するのが難しいかもしれません。恥ずかしがらずに、友人や同僚にあなたの長所を聞いてみてください。同じ答えが何度も出てくるかもしれませんし、思ってもみなかった長所をたくさん言ってくれるかもしれません。いずれにせよ、これはあなた自身の評価と共に、答えを出すための基本的な材料となります。昔からよくできていることだけでなく、最近身につけたり上達したスキルについても考えてみてください。長所は進化するものです。

リストは手に入れました。さあ、それをどうしましょうか?

どの長所と短所に焦点を当てればいいのか分からないと言う方のために、以下に長所と短所それぞれの例をご紹介します。まずは長所から見ていきましょう。

人事担当者はどのような長所を求めているのでしょうか?

この質問に対する答えは一つではありませんが、一般的に言うと面接まで進んだいうことは、その仕事に必要な基本的なスキルは持っているということです。人事担当者が見極めたいと思っているのは、数値化するのが難しい資質、つまり組織との相性です。

このような資質は一般的にソフトスキルと呼ばれるもので、他人とうまく付き合い、職場環境でうまくやっていく能力です。以下は、長所のリストです。

  • 創造性
  • 順応性
  • 好奇心
  • 応用力
  • フレキシビリティ
  • 懸命さ
  • イノベーション
  • 誠実さ
  • 几帳面さ
  • 忍耐強さ

もちろん、このリストは完璧なものではありませんが、ご自身のブレインストーミングのための出発点となるものです。

「あなたの最大の長所は何ですか?」への回答例

これで、あなたの長所がリストアップされました。しかし、面接官は1語や2語の答えを求めているわけではありません。その代わりに、あなたの発言を裏付けるようなエピソードを話す必要があります。ベストな回答は、なぜその長所がその仕事に最も適しているのかを説明することです。以下は、「あなたの最大の長所は何ですか?」という質問に対する5つの回答例です。

1. 大局的な思考ができる

私の最大の長所は、木を見て森を見ることができることです。私は大局的に物事を考えることができるタイプだと自認しています。現職では、あるソフトウェアのドキュメントの改訂を依頼されました。私は、すべてのドキュメントの改訂プロセスを合理化する方法を考え、チームリーダーに提案しました。この提案により、このプロセスは何時間も短縮され、チームは新しいソフトの開発に専念できるようになりました。

2. 人間味がある

私は人間味のあるタイプだと思っています。それは、単に同僚とうまくやっているという意味だけではありません。私は、橋渡し役をすることに誇りを持っています。私は、製品開発部門とマーケティング部門の連絡役を務めています。先週も、ある製品のマーケティング活動でミスリードを引き起こしかねない事態があったのですが、私が間に入って部門間での誤解を解決することができました。

3. 応用力がある

私は比較的何でもこなせるほうなので、自分をマルチプレーヤーだと認識しております。所属する部署では、ほとんどの仕事をこなすことができます。実際この半年間で、自分の本来の仕事もこなしつつ、病欠した方の代役を二度務めました。

4. 几帳面である

経理部門の人間が細部にこだわるというのは当たり前のようですが、それが私の最大の長所であり、私がこの分野を選んだ理由のひとつでもあります。勘定科目の照合や予算の妥当性を確認すること自体、喜びをもって務めています。間違いを見つけるのが楽しいとは言いませんが、時間が経つにつれて増幅していくような小さな間違いを見つけることができたときは、誇らしい気持ちになります。

5. 順応性がある

教育現場は、急速に成長し変化しています。カリキュラムやテクノロジーが変わっても、私が現場の教師でいられたのは、環境に対する順応性が高い方だからだと思っています。生徒へ情報や知識を伝えるという仕事を経て、現在は教材を販売する仕事に転身することができました。

「あなたがこの仕事にもたらす3つの長所は何ですか?」にどう答えますか?

この質問に対するベストな答えを準備するために、面接の前に、自分の長所リストをお互いを補完できるもの同士をグループ分けしておきましょう。3つの長所すべてを含んだひとつのストーリーを思いつくことができるかもしれません。ここでは、例として長所のリストとそれらが成功にどのように応用されているかというアイデアを紹介します。

この質問は、あなたが特定の職務にもたらす長所について具体的に聞いているものなので、その職務の要件をまず考えてください。要件に必要不可欠でないことを最初に述べるのは、あなたが何を期待されているのかを理解していないことを示すことになります。

  1. 熱意がある、協調性がある、誠実である
  2. 決断力がある、懸命さがある、継続的に学ぶことができる
  3. 創造性がある、リーダーシップを取れる、テクニカルスキルがある

では、短所に移りましょう。

採用担当者の興味を引くように、履歴書に特殊スキルを記載する方法、書きかたの例、キーワードをご紹介します。

この質問にどうアプローチしますか?「あなたの最大の短所は何ですか?」

この質問は、準備不足だと本当につまづくことがあります。短所?自分にあると言いたいでしょうか?そうです、誰にでも短所はあるのです。短所がないと言ってしまうと、自己認識不足か、単なる自己中心的な人に見えてしまいます。

コツは、スキル、知識、性格的な特徴などを謙虚に説明し、それを修正するためのステップを踏んでいると伝えることです。自分の短所を自覚することが長所とみなされるかもしれませんが、その短所を最小限に抑えるための自覚と行動は、あなたをさらに飛躍させるでしょう。人事の担当者は、あなたが逆境にどのように対処しているかを見極めたいので、仕事の障害に対するあなたのアプローチを示す例を挙げてください。

ここで、避けるべきダメなことがあります。短所として挙げる例には、したい仕事に必要な資質を入れないようにしましょう。

志望する仕事から除外されないような短所をリストアップする

上記で述べたように、志望する仕事に必要不可欠でないあなたの実際の短所を伝えることが必要です。面接の前に、それらの要件がすべて何であるかを確認し、あなたの可能性を潰さないような短所を使うようにします。敢然としながらも、些細なことは話さないようにしましょう。

以下は、よくある短所のリストです。

  • 人前で話すのに恐怖を感じる。この恐怖は一般的で、親近感がわくものです。また、TED(世界中の様々な著名人による講演会)を企画したり、クライアントや顧客先で定期的に売り込みトークをしたりするのでなければ、おそらく日々の仕事に支障をきたすことはないでしょう。
  • 机周りが散らかっている。これは簡単に管理できますし、またよくある問題です。特に、リモートワークの面接を受ける場合は、問題ないでしょう。
  • (管理職でない場合)仕事を委任するのが苦手。管理職でない場合、助けを求めることなく、ほとんど自分の責任ですべてのタスクを完了できることを意味します。
  • ソフトウェアの使用、業務での経験が浅い。経験が浅いということは、経験を積むまでが短所でしかありません。そのソフトウェアが、あなたの仕事にとって重要なものであれば敢えて指摘する必要はありませんが、たまに使う可能性があるものであれば、挑戦してみましょう。
  • お役所仕事にイラついてしまう。いわゆるお役所仕事が好きな人はいるでしょうか?
  • ワークライフバランスの欠如。これは、「働きすぎ」「一生懸命しすぎてしまう」という言い方のひとつです。燃え尽きないのであれば、必ずしも悪いことではありません。
  • アドバイスや批判をするとき、率直すぎる。これはちょっと売り込みにくいものですが、面接であまりにも威勢がいいと思った場合に限り使えます。この短所を自覚しているということは、自分でそれを改善しようとしているということでしょう。
  • 自己批判的である。自分に厳しくすることは、失敗を恐れるあまり感覚麻痺をしてしまわない限り、企業にとってというよりもあなた自身にとって大きな問題です。
  • リスクを取ることに抵抗がある。大丈夫です。あなたの役割によっては、リスクを取ること自体が歓迎されないかもしれません。
  • 大人数でアイデアを共有するのが苦手。 これは、人前で話すことへの恐怖と、ちょっとした自信喪失が組み合わさったものですが、これも簡単に解決できます。
15分で履歴書を作成
15分で履歴書を作成
雇用主が求める「履歴書のルール」に正確に沿った、現場でテスト済みのプロフェッショナルな履歴書テンプレートを使用してください。
私の履歴書を作成する
この記事を共有する
読み進める
採用面接5 分で読めます
面接ガイドの決定版
面接ガイドの決定版
キャリア4 分で読めます
今は転職をすべき時期でしょうか?もしそうなら、どうすべきでしょうか
今は転職をすべき時期でしょうか?もしそうなら、どうすべきでしょうか
カバーレター3 分で読めます
志望動機書の書き方
志望動機書の書き方
履歴書ヘルプ6 分で読めます
履歴書にすべての仕事を記載しなくてはいけませんか?
履歴書にすべての仕事を記載しなくてはいけませんか?
すべて見る
この Web サイトでは、Cookie を使用してユーザー エクスペリエンスを向上させ、分析とマーケティングを実行しています。 当社の Web サイトを使用することにより、クッキーポリシー および プライバシーポリシー に従うすべての Cookie に同意したことになります。
クッキーを受け入れる