1. ブログ
  2. 採用面接
  3. 就職面接ではどんな服装をすればいいでしょうか
ポール・ドゥルーリーポール・ドゥルーリー によって書かれました

就職面接ではどんな服装をすればいいでしょうか

7 分で読めます
 就職面接ではどんな服装をすればいいでしょうか?
クローゼットや引き出しの中は服でいっぱいですが、就職面接に着ていく服はどのように選べばいいのでしょうか?あなたの答えは、面接のたびに違ってくるかもしれません。将来の就職先に関して色々調べます。そして、就職面接での服装に関していくつかアイディアを探っていきましょう。

さて、ここで正直に言います。私はファッションの達人ではありません。チノパンに開襟シャツ、履き心地のいい靴を履いて、気ままに過ごす普通の人です。私の仕事では、服装はあまり重要ではありません。私の言葉が(願わくば)私を完璧に表現していると思っています。

しかし、就職面接のような第一印象が重要な場面では、服装はもっと重要な意味を持つことになります。職務の内容は重要ではなく - 最初の言葉があなたの口から出る前に、何を着ているか、どう見えるかで判断されるのです。

残酷ですよね? しかし、見かけで中身を判断するのは人間の本性なのです。

服装に関しては選択肢がある中では、これはかなり色々と考えなければならないことです。このブログでは、私の服装のチョイスを見直すきっかけにもなった私のリサーチをご紹介します。以下の内容について記載しています。

  • 好印象を与える服装か、馴染む服装か?
  • 女性向けビジネスプロフェッショナルの服装
  • 男性向けビジネスプロフェッショナルの服装
  • ビジネスカジュアル - コツと選び方
  • 就職面接で避けるべき服装
  • 面接でのヘアメイクの仕方

正しい服装を選んだと自信を持つことは重要です。面接が直接であれ、Zoomのようなオンライン面接であれ、正しい服装は、求職者が最高の自分であるための心理的な鎧となるのです。つまり見栄えよく、気分よく、ということです。

専門家のアドバイス

ファッションの偵察ミッション。もし、それほど遠くない場所であれば、将来勤めることになるかもしれない会社の前を散歩して、会社のドレスコードをチェックするのも悪くないアイデアです。人々が何を着ているか、どのようにアクセサリーをつけているかをチェックしましょう。近所のコーヒーショップをぶらぶらして、雰囲気をつかむのもいいかもしれません。それができなければ、LinkedInで誰かとつながり、(しばらくしてから)ドレスコードについてアドバイスをもらうのも堅実なアイデアです。面接官が何を着てくるか調べて、少しスマートな服装をします。あらゆる意味で、その場に溶け込むことが重要なのです。

印象的な服装か、馴染む服装か?

服装の選択だけで、仕事を得ることはできません。

たとえファッション業界で働いていたとしても(あなたのセンスがより重要であることは明らかです)、どんな仕事でも、着ている服や身につけているアクセサリー以上のものがあるのです。

印象的な服装をするとほとんどの場合、少し頑張りすぎている印象を与え、他の分野で何か不足しているものがあるのでそれを補おうとしている印象を与えかねません。また、有名ブランドで固めるのも、同じような印象を与えてしまうかもしれません。あなたのキャリアの実績がものを言うのであって、最新のデザイナーズ・グッズを身につけて登場する必要はありません。

その代わり、面接官と調和するような服装を心がけましょう。面接官と同じ行動をするように、会社の「見た目」を反映することも面接の必須条件です。

もし、その場に馴染む服装をしなかった場合、同じような経験を持つ他の候補者がいたら、あなたが否定的な判断をされて致命的な結果になる可能性があります。小さなところにも気を配ってこそ、職場での役割を得ることができるのです。面接に何を着ていくかは、その瞬間の一つです。

専門家のアドバイス

新品の服や靴を履いていくのはやめましょう。服装選びも大切ですが、靴擦れの痛みに気をとられて面接のセリフでへまをしてしまわないように気を付けましょう。また、真新しい服装は、面接官に本当に通常の服装なのかと疑われる可能性があります。信憑性が重要なので、面接の前に何度かその服で出かけてみましょう。その服を身につけて街中へ出かけて、何度かその服装を身につけている間に、あなたのキャリアストーリーを考えることは、精神的により一層優位な気持ちになれる可能性があります。あなたの面接の服は、単に 「通常」と感じるはずです。

女性向けビジネスプロフェッショナルの服装

もし、あなたの将来のオフィス環境がプロフェッショナルな雰囲気であれば、以下のような女性向けのプロフェッショナルな服装の選択を検討する価値があります。

ビジネススーツは、ほとんどのキャリアで無難な選択です。ブレザーにパンツやスカートを合わせ、シャツやブラウスを差し色にするのも素敵です。コットン、シルク、シフォンのいずれか着心地のよい素材を着るのもいいですが、パリッとした白シャツとのコントラストは常に素敵にかつ快適に見えます。色は黒やグレーなど中間色のフィットするスーツを選び、袖は手首まで、スカートは膝丈にしましょう。

インナーのシャツはネックラインが控えめなものを。インナーに着るシャツやブラウスは、体にフィットしたドレスパンツやストレートパンツ、タイトスカートにインして着ると、プロフェッショナルな印象になります。白無地が基本中の基本ですが、それででなくてもシンプルな柄や小さなリボンなどのディテールがあれば、少し個性的な印象を与えることができます。ウエストベルトは、トップスを強調するのに役立ちます。ネックラインの開き具合は面接時の時は特に注意して控えめにしておきましょう。

袖のあるシンプルな正装。 ほとんどの女性は、特別な日のために保管されている正装を1つ~3つを持っており、面接はそのうちの1つです。それはタイトすぎず、短かすぎず、かつ露出が控えめであるものです-着心地は快適に感じるはずで、そして、あなたが着こなしに関しては一瞬たりとも考える必要がなく着用できるものとして見えるはずです。ワンピースに素敵な靴とフォーマルなハンドバッグを合わせると、正しい見た目が出来上がります。

靴はつま先が閉じていて、邪魔にならないもの。面接官は靴ではなく、あなたの顔を見ていて欲しいものです。ビジネスプロフェッショナルの場合、3~5センチのヒールを履くのが一般的で、ペタンコの靴は控えておいた方が無難でしょう。色は、黒がベストで、ネイビー、ベージュの靴でも服装にマッチしていればいいでしょう。サンダルやピンヒールは論外で玄関の横に置いておきます。服装を引き立て、清潔で、傷のないものを選びましょう。

フォーマルなスカートか、テーラードパンツか?正直なところ、どちらでもかまいません。あなたの体型や好みによります。どちらの場合も、シャツやブラウスは裾やお腹が見えないように必ずタックインしてください。座るときは見苦しい縫い目や明らかにシャツの目立ったしわが寄らないように座ることができるものを選ぶ必要があります。ゆったりした着心地を余りにも重視しすぎると失敗してしまいますので、ほどよいゆとりがありながらも体にジャストフィットするものを選びましょう。

専門家のアドバイス

天候に合わせた服装をする。寒ければ、重ね着することを考え、コートを持っていきます。また、急な雨などで傘がなく服や髪が濡れたまま面接に臨むと、変に思われるでしょう。事前に計画を立て、通常通りに天候に合わせた服装をしましょう。多くのオフィスでは冷房が効いているので、あまり暖かい格好をしないようにしましょう。

男性向けビジネスプロフェッショナルの服装

男性のためのビジネスプロフェッショナルの服装となると、体によくフィットしたスーツは、業界や職業に関係なく唯一の選択肢です。スーツとネクタイは、オフィスで毎日着用する必要はないかもしれませんが、面接の際には、プロフェッショナルな雰囲気を演出するためには欠かせないものです。

コンサバ系のスーツを選ぶ。 コンサバ系つまり保守的なスーツは、ピンストライプなどのアクセントとなる要素が少なく、ダーク系の色味が一般的です。紺やチャコールグレーのもいいでしょうが、夏場はもう少し明るい色を選ぶとよいでしょう。スリーピースは面接には避けます。特に気温が高くなると汗をかきやすい人は、素材が重すぎないスーツを選ぶようにしましょう。

なぜシャツの色が重要なのですか?黒いスーツが好ましくないのと同じように、シャツもカラフル過ぎると目立ちすぎてしまいます。白の無地(新品に近いもの)か、薄いブルー系のシャツなら、ほとんどの職業で問題ないでしょう。ピンクやイエロー、グリーンなどはビジネス会議寄りのようなカジュアルな場では良いのですが、面接では避けた方が無難です。派手なカフスボタンが付いたフレンチカフスは、よほど羽振りの良い役員でない限り、避けた方が無難です。

ネクタイや靴で主張するのは避けましょう。色は黒がこげ茶にしましょう。靴は、ストレートチップかプレーントゥが面接にはふさわしいと言えるでしょう。スワロートゥやUチップは避けた方が無難ですが、なんとか許容範囲内と言えます。ネクタイは、無地のものがおすすめです。面接ではネクタイが目立ちますので、面接官の気分を害さないようにしましょう。また色は青、グレー、えんじあたりを選び、結び方はプレーンノットやダブルノットといったスタンダードな型がきちんとできるようにしましょう。

専門家のアドバイス

一度座ったらジャケットを脱いでもいいですか?はい、脱いでもかまいませんが、面接官から脱いでもいいと促された場合のみです。

ビジネスカジュアル - コツと選び方

近年ビジネスカジュアルが主流の企業も多いでしょうが、面接の場では、上記に述べたようなプロフェッショナルな服装から余りにも離れてしまいすぎないよう、線引きには十分注意する必要があります。もし迷うようであれば、過度にフォーマルな服装は避けましょう。

次の段落で避けるべき服装をいくつか挙げますが、ジーンズは決して面接で着てはいけないということは、ここで述べておく必要があります。同様に、カジュアルなオフィスではポロシャツが一般的かもしれませんが、面接では必ずフォーマルなシャツを着用しましょう(あまりフォーマルでない場合は、ネクタイをしないほうがいいかもしれません)。

ズボンは、男性の場合、落ち着いた色のチノパンやスラックスが良いでしょう。女性の場合は、あまりフォーマルでないパンツ、ゆるやかなAラインのスカート、セミタイトスカートなど、選択肢が豊富なので、自由に個性を発揮することができます。

シャツは男女とも無地でシンプルなものが理想的です。面接時にテーブルがある場合は上半身は見えますが(面接時にテーブルがあることも多いです)、その場合は下半身はほとんど隠れることが多いでしょう。

ビジネスカジュアルの見た目は、男性の場合はベーシックな薄手のジャケットで、女性の場合はベーシックなジャケットやカーディガンで仕上げることが多いようです。この際、ジャストサイズのものを選ぶのがポイントです。だぶだぶすぎるものは、就職の面接にあまりにもカジュアルすぎる印象を与えてしまいます。

専門家のアドバイス

あなたの外見を分析する  - 見た目で損をしていたり魅力が半減させている何かはありませんか?面接の服装は、面接の環境に溶け込み、服装よりもあなたのキャリアストーリーに焦点が当たるようにすることを前提として選択する必要があります。魅力的な服装は役に立ちますが、魅力的すぎる服装はかえって気を散らすことになります。その微妙なラインを見極め、慎重に進めていきましょう。

就職面接で避けるべき服装

当たり前のことで申し訳ありませんが、面接の時期が近づくと頭がパニックになってしまうので、ここで面接に着て行ってはいけない服装について思い出してください。これらの服装は、他の候補者とあなたを区別するものではなく、単に面接官があなたへの判断を疑問視させるものとなってしまいます。それはあなた決して欲しくない反応です。以下のものは避けてください。

  • ビーチサンダル、サンダル、トレーナー
  • きつい香水や濃い化粧
  • ポロシャツやブランド物のTシャツ
  • デニムのジーンズ(またはその他デニム生地のもの)
  • ショートパンツ、短いスカート
  • 透け感のある服装
  • アクセサリーのつけすぎ

また、色の影響にも注意が必要です。特にオンライン面接といったバーチャルな場では、あなたの話を邪魔するような明るい色同士の組み合わせは避けるようにして、慎重にコーディネートしましょう。

専門家のアドバイス

お気に入りの靴下(または他のもの)を身につける。面接の服装やアクセサリーは、私たちに自信を持たせ、正しい印象を与えることが重要です。お気に入りの靴下が上記に述べた面接時にふさわしいアイテムであれば、是非それを身につけましょう。お気に入りのバッグがあれば、それを持っていきましょう。髪留めやアクセサリーも同じです(ただし面接にふさわしいものであれば、という条件はつきますが)。私たちの多くは、生活の中でちょっとした迷信を持っています。もし幸運の靴下があなたのものであるなら、それを身につけるといいでしょう。

面接でのヘアメイクの仕方

さて、これは個人的な経験からというわけではありませんが、面接のメイクと髪型のコツをいくつか紹介します。

ここでは、面接時のメイクのためのいくつかの簡単なヒントをご紹介します。

  • 定期的に保湿をして、肌を健康に保ちましょう。
  • 軽くファンデーションを塗り、プライマーを使って毛穴を目立たなくさせましょう。
  • 軽くアイライナーを引き、眉は流れと形を整えて、つけまつげは避けます。
  • リップメイクは濃い色を避け、口紅はいつもよりワントーン明るさを抑えたものにしましょう。
  • 慣れていないメイクテクニックは避け、メイクキープスプレーで耐久性を確保します。
  • 化粧直し用の小物(リップグロス、綿棒)を必ず用意しておきます。

髪型の選択はそれほど複雑ではないですが、次のことを考慮してください。

  • 清潔感は必須です。お辞儀をしたときに髪が崩れないようにしましょう。スタイリング剤できちんと髪がまとまることを確認しておいてください。また、髪をいじり過ぎないように注意しましょう。
  • 前髪は眉が見えるとすっきりと明るい印象になり、表情が分かりやすくなります。
  • 分け目は斜めがけ、センター分け、オールバックにして前髪が落ちてこないようにします。
  • ショートヘアの場合は、髪の毛をまとめるのが難しいのでしっかりとスタイリング剤でセットして、髪が落ちてこないようにします。
  • ミディアム、ロングヘアの場合は、髪をまとめてすっきりとした清潔感を保つことが重要です。ヘアアレンジが得意ならお団子スタイルもおすすめですが、ポニーテールは避けた方が無難です。
専門家のアドバイス

アクセサリーはつけすぎず、ロゴマークも避けましょう。あなたのキャリアストーリーがシンプルでわかりやすいものであるべきなのと同じように、多くのジュエリーをつけることを避け、あからさまなブランドのものは絶対に避けるべきです。何を身につけるかということよりも、あなた自身がその仕事にふさわしいのです。

重要ポイント

  • 調査をして快適に感じるものを着用し、仕立てのいい服装を着て面接官に良い印象を持ってもらうことを心掛けましょう。
  • 面接のための服装は、求職者に自信を与えますが、それは面接室に入る前に正しい選択をしてきたと確信している場合のみです。
  • 適切なアクセサリーを選び、「チームの一員 」のように見えることを目指しましょう。
  • 正しい服装をすれば採用されるわけではありませんが、間違った服装をすると、聞かれなくてもよい質問を受けることになります。
  • SkypeやZoomでの面接であっても、きちんとした正しい服装で臨みましょう。

証明写真 服装

15分で履歴書を作成
15分で履歴書を作成
雇用主が求める「履歴書のルール」に正確に沿った、現場でテスト済みのプロフェッショナルな履歴書テンプレートを使用してください。
私の履歴書を作成する
15分で履歴書を作成
15分で履歴書を作成
雇用主が求める「履歴書のルール」に正確に沿った、現場でテスト済みのプロフェッショナルな履歴書テンプレートを使用してください。
私の履歴書を作成する
この記事を共有する
読み進める
履歴書ヘルプ5 分で読めます
履歴書に趣味を記載する方法
履歴書に趣味を記載する方法
履歴書ヘルプ8 分で読めます
履歴書に学歴を記載する方法
履歴書に学歴を記載する方法
採用面接11 分で読めます
電話面接で聞かれる10の質問
電話面接で聞かれる10の質問
履歴書ヘルプ3 分で読めます
10つの夢の仕事 - そしてあなたの夢の仕事の見つけ方
10つの夢の仕事 - そしてあなたの夢の仕事の見つけ方
すべて見る
この Web サイトでは、Cookie を使用してユーザー エクスペリエンスを向上させ、分析とマーケティングを実行しています。 当社の Web サイトを使用することにより、クッキーポリシー および プライバシーポリシー に従うすべての Cookie に同意したことになります。
クッキーを受け入れる