1. ブログ
  2. 採用面接
  3. 電話面接で聞かれる10の質問
スーザン・ショースーザン・ショー によって書かれました

電話面接で聞かれる10の質問

11 分で読めます
電話面接で聞かれる10の質問
電話面接は、リモートワークとフリーランスが普及するこの時代に人気上昇中です。ここでは、面接での成功を収め、理想の仕事を獲得することに向けたヒントをご紹介します。

良いニュースをお伝えします。あなたの応募が気に入られ、その仕事について電話やZoomで詳しく話をしたいと言ってきました。

しかしあなたは次のことに気がつきます。電話面接には準備が必要だということ。あなたは電話面接が大の苦手なのです!

あわてる必要はありません。理想の仕事を探すプロセスには、CEOでもりんご農家でも、克服しなければならない大切なステップがあります。電話が鳴った時のために準備をし、練習を重ねるだけです。

この記事では、以下を探っていきます。

  • どんな面接の招待でも喜ぶべき機会であり、それにはもちろん電話面接も含まれること
  • 電話面接でよくある10の質問と回答の仕方
  • 電話面接の準備方法
  • 電話面接を最大限に活用するためのヒント
  • 電話面接で質問できること

電話面接の招待 – チャンスをつかむ

電話が鳴り、「その知らせ」が届きます。新しいZoomリンクがメールに届きます。話をした採用担当者からFaceTimeの通知が届きます。電話面接の招待ボイスメールがあります。どの方法で招待を受けたにせよ、これがあなたの新しい仕事のチャンスなのです。待っていたその仕事です。それぞれ別に3通応募をした、その会社からのメールです。LinkedInで副社長にメッセージを送ったかもしれません。その就職面接を確保しようと意欲的だったのも当然でしょう。

今日では、この仕事が決まるにせよ決まらないにせよ、仕事の多くを電話やオンライン通話で行うことになるでしょう。このリモートワークの「新しいスタンダード」 ― 少なくともパートタイム ― は、パンデミック後の通勤が再開したにもかかわらず、相当程度継続されています。慣れて準備をしましょう。

電話面接は、あなたのプロフェッショナリズムがどのようなコミュニケーション状況下でも発揮できることを採用担当者にアピールできる絶好の機会です。電話によるスクリーニング面接の利点は、すぐに仕事着に着替える必要がないことです。(ただし、記事の最後にオンライン面接の簡単な説明と追加のヒントをお伝えします。)

専門家のアドバイス

電話面接前に考えておくべき質問とその回答を考えておくことは大切ですが、頭の中で準備した質問ではなく、実際に聞かれた質問に応える心の余裕を持つことも大切です。覚えた通りの型にはまった回答すると、面接官に「話を聞いていない」と思われるリスクがあります。回答する前に一呼吸置いて、面接官が何を聞きたいのか考えましょう。

面接ガイドの決定版
関連記事
面接ガイドの決定版

面接は大きなストレスを感じるものです。準備して練習することは、大事な日に向けて自分を整えるための最善の方法です。この面接ガイドは、あなたが素晴らしい結果を得るための最適なアドバイスをご紹介し、あなたが面接に臨むのにお役に立てるでしょう。

電話面接で聞かれる10の質問と回答

電話面接では特定の質問と回答を過剰に準備するのは決して得策ではありませんが、最も代表的な質問の何らかのバージョンが出ることは比較的確実です。質問の言い回しは多少異なる可能性がありますが、面接官が知りたい情報は同じです。

ここで、電話のスクリーニング面接で最も一般的に聞かれる10の質問をご紹介します。

1. 自己紹介をしてください

悪名高い「自己紹介」の質問です。様々な言い回しがありますが、基本的には同じことを意味しています。プロとしての自分をアピールしてください。

対面面接でも同様に電話面接でもこの質問があると思ってください。電話によるスクリーニングで採用担当者が最も知りたいのは、企業文化へのフィット感です。自己紹介の質問は、そのフィット感を測るのに適しています。

ちょっとやっかいです。あなたの人生全体を数文でどう表現できるでしょうか?過去の仕事の全てを話せばいいのでしょうか?大学は?趣味は?家族は?この戸惑いが、履歴書(事実に基づいている)を書くのは、カバーレター(パーソナリティをアピールするという点で自己紹介のスクリーニングに似ている)を書くより気楽だと感じる人がいる理由なのです。

もちろん、バランスが大切です。90秒以内で、簡潔に、また幅広く自分の側面を伝える必要があります。無理のない範囲で、プロフェッショナルとしての自分と、適度にプライベートな個性を盛り込むことです。仕事観の中で何を大切にしていますか?選んだ職業とキャリアの中で誇りに思うことは何でしょうか?そういったことに焦点を当てましょう。大学時代の度を越した冒険話は明らかに避けてください。

この電話面接質問への回答の肝は、だらだらと締めくくるのではなく、きちんとした締めくくり方をすることです。回答の最後に、なぜその仕事に興味を持ったのかという理由を必ず述べると良いでしょう。自己紹介の回答を面接者と現在のあなたに結びつけるのに最適な戦略です。

面接での「自己紹介をお願いします」に答える方法(例文付き)
関連記事
面接での「自己紹介をお願いします」に答える方法(例文付き)

「自己紹介をお願いします」- 面接でほとんどの候補者がいずれかの時点で直面することになる、恐ろしい導入質問です。このブログでは、その質問への回答方法と優れた回答例をご紹介します。

2. 前の仕事を退職した理由は?

この落とし穴については以前触れました。「前の仕事を辞めた理由」を面接で質問されると、その場に消極的な雰囲気が漂います。自分で退職したか、解雇されたか、会社が解散したかなどの理由にかかわらず、不平不満を言いたい誘惑に駆られるものです。

しかしそれは面接官にとって不快なだけでなく、あなたが不平不満を言う人間だとの印象を与え、大きな赤信号となります。さらに悪いのは、あなたが前の職場の問題児だったと結論づける可能性があることです。ですから、前の仕事を辞めた理由が何であれ、ポジティブに話すことが肝心です。

回答の脚本を変更する効果的な方法の一つは、前の仕事の嫌だった点ではなく、新しい仕事から得たいことに焦点を当てることです。ひどい上司がいましたか? あなたは今、強力なメンターを求めています。給料が十分でなかったでしょうか? あなたは今、もっと成長できる可能性のある仕事を求めているのです。上手くいけば、面接官は前の仕事でうまくいかなかった点ではなく、あなたが求めるものをどう満たすかを考えるようになるはずです。

まだ現在の仕事に就いている場合は、あまりに魅力的な機会だったために応募した、と言うべきです。そう言った場合、当然のフォローアップの質問「なぜ魅力的だったのか?」が来るので、それに備えましょう。

3. 選んだキャリアパスに興味を持ったきっかけは?

すべてのスーパーヒーローには誕生秘話があり、今自分の秘話を話す番です。採用担当者は、情熱を持った従業員の方が仕事がうまくいくことを知っています。自分の選んだキャリアに満足している人を雇うことが、採用担当者にとって最善の利益となります。

選んだキャリアの理由を考えるのはそれほど難しくないはずです。難しければ、職業を再考する時かもしれません。

この質問は、とりとめのないキャリアを持っている人にとっては少し難しいかもしれません。現代ではほとんどの人が該当します。アプリ開発から脚本家になり、人事の仕事を希望する過程はどう説明すればいいのでしょう。

キャリアアドバイザーは、キャリアを大学時代に一度だけ決めたことではなく、ストーリーとして考えることを推奨しています。それぞれの主要なステップが次のステップにどのように繋がったかを説明することに集中してください。そして何より重要なことは、それら全てが今回の電話スクリーニング面接に結びついたのかということです。

4. 溶接/Python/馬術はどのように学んだのですか?

技術職に応募している場合は特に、スキルセットに関する質問は普通です。したがって、履歴書に技術的なスキルを記載した場合、それについて質問されると予想してください。

このように考えてください。ジャグリングができないジャグラーは、サーカスの仕事には適任でないでしょう。

加えて、履歴書に記載したスキルを取得した方法を聞くのは、仕事のアプローチ方法を知る良い方法なのです。採用担当者はスキルを持っているかどうかを確認するだけではなく、スキルについてのあなたの語り口にも関心があります。

そのため、履歴書に記載した特定のスキルを取得した経緯を話すことをおすすめします。あるいは、直近でそのスキルを使った経験について話すのも良いでしょう。そのスキルを取得したことで、どのように仕事が向上したかを面接中に伝える絶好の機会です。

5. Y社での職務内容Xについて教えてください

ちょっとした秘密をお伝えしましょう。面接官はあなたとの電話面接の準備をほとんどしていない可能性が高いのです。今日は他の候補者十数人との面接を予定しているので、あなたの履歴書やカバーレターを熟読する時間がなかったのです。あなたの職歴やLinkedInのプロフィールを調べる時間が取れていない可能性があります。

ですから履歴書の項目を確認する質問が、電話スクリーニングで最も一般的に聞かれることのひとつだと言えます。面接官にとって、最も簡単に尋ねられる項目なのです。文字通り資料が目の前にあるのですから。

しかし、だからといってこれらの質問を軽視するべきではありません。圧倒的多数の採用担当者は、 履歴書での嘘や誇張があったと疑われる候補者を不合格にします。

また、自分の経験に関心を持ってもらえない場合も、次の段階には進めないでしょう。

だからこそ履歴書の各項目について、面接官に興味深い話ができるよう練習することが重要です。興味を引く話題が思いつかないなら、最初からその項目を記載する意味がないのではないでしょうか。

履歴書の項目について説明していますが、空白期間の説明方法も必要でしょうか。

6. 理想的な職場環境を教えてください

これは筆者が数回聞かれ、時に準備不足だった質問です。どうして面接官は自分の席のセッティング方法が関心があるのでしょう?

その理由を教えましょう。これも、あの有名な「企業文化にフィットするか」という質問の一つなのです。面接官は、自社の職場環境に適合できるか知りたいのです。

オープンなオフィスが嫌いか(多くの人がそうですが)、週に数日はリモートワークを期待しているのかを知ることで、面接官はあなたの働き方のスタイルを知り、再び、大切な「企業文化にフィットするか」を知ることができます。

加えて、求人企業にとって、あなたの個性の一端を掴む機会にもなります。筆者のようにうまく答えられない局面があるので、この回答の練習を心がけることをおすすめします。

7. 5年後の自分を想像してください

職種には昇進志向の強いポジションもあれば、言わば「生涯現場主義」としてのポジションもあります。あなたはどちらでしょうか。

面接官はそれを知りたいので、この質問のバリエーションを聞かれる可能性があります。これはキャリア目標を尋ねる方法のひとつです。

多くの採用担当者にとって、離職率を減らすことは採用プロセスの主要目標の一つです。中期的にその会社に留まるビジョンを強調することが、ほとんどの場合あなたの利益となるでしょう。

もしすぐにはこの質問への回答がすぐに浮かばない場合は、少し考えてみる必要があります。キャリアプランが害になることはありません!

8. なぜ当社に入社したいのですか?

ある時点で、面接官はあなたを評価することから、そのポジションへのあなたの関心を評価することに移行します。前述のとおり、情熱的な社員の方が仕事のパフォーマンスが向上するため、あなたにその情熱があるか確認したいのです。

この質問への回答は、正解を言うより、誤答を避けることが重要です。採用の専門家は、給与に集中するのはさまざまな理由で良くないと意見が一致しています。

しかし、さらにひどい回答は「わかりません」「まだ調べていません」です。メディア・ビストロ社の採用担当者のベンジャミン・スピーゲル氏は次のように説明しています。

「候補者が準備不足だったために、数え切れないほどの面接が失敗するのを見てきました。正直なところ、自社のストーリーを100回繰り返さなければならないのは、最も苛立たしいことです。」

ですから、十分な事前調査をして、金銭や地位以外のことに焦点をあてて正直に回答することが大切です。あなたがそこで働きたいという正直な理由が相手に気に入られないとしたら、その会社は自分に合わない証拠です。

9. 何かご質問はありますか?

この質問に対する唯一の適切な回答は「はい」です。会社や職務に関する考え抜かれた質問を少なくとも1つすることで、採用される可能性が高まります。職務内容と会社を熟知しておくことが大切です。そうすることで具体的な質問をするのに役立ち、求人内容、企業サイト、企業文化の分析など、十分な事前調査をしたことをアピールできます。

理想を言えば、面接中に興味深いことを話したことで、あなたの印象が残ることです。それでも念のため、頭の片隅に以下のよくある質問例を用意しておきましょう。

  1. この会社にはいつ入社されたのですか?
  2. この職務の担当者が直面するであろう最大の課題は何でしょうか?
  3. この会社で働くことの魅力的な点は何ですか?
  4. メンター制度はありますか?

興味が尽きるまで質問を続けましょう。時間がない場合、面接官がそう伝えてくれるはずです。

専門家のアドバイス

電話面接でしてはいけないことは?

対面面接でも電話面接でも、面接官にポジションや募集企業に関する質問をしないことは、非常に重要なチャンスを逃すことになります。

10. 他でも面接を受けていますか?

給与交渉(昇給を求めるなど)のような金銭的な質問と並んで、他社との面接日程について面接官に伝えるのはとても気まずい質問のひとつです。面接官はあなたが求職中だと知っているので、他の面接があることは驚きではありません。

エグゼクティブリクルーターのマイク・ペトラス氏は、企業がこの質問をするのは2つの理由があると指摘しています。

  1. 他社から既に内定を受けていないか確認するため
  2. 候補者としてのあなたの魅力度を測るため

ですから、この回答では細心の注意が必要です。だからこそ、練習が大切な理由がここにあります。自分を望ましい候補者だと思ってもらいながら、まだ就職活動中である印象を与える必要があります。

あいまいに答えるのが好ましいでしょう。「いくつかの会社で面接を受けています。適切な環境を探しているところです。」など。

専門家のアドバイス

追加の面接質問

  • 給与の希望は?
  • 履歴書に記載されていない、自分について知ってほしいことは?
  • 他の人と比べて、自分が最も秀でていると思う点は?
  • 直近の上司の好きだった点と嫌だった点は?
  • 週末はどのように過ごしていますか?
  • この求人を最初にどこで知りましたか?
  • 理想の仕事は?
  • 職場におけるあなたの最大の弱点は?
  • 職場におけるあなたの最大の強みは?

電話面接の準備

面接官からの視覚的な手がかりが得られないため、電話面接の準備は対面面接の準備よりも重要かもしれません。(対面面接の場合、はるかに優れた「生の」フィードバックの手がかりがあります)ここでは、電話面接の準備で考慮すべき点をいくつかご紹介します。

頭の中で伝えたいストーリーのリハーサルをする

キャリアの出来事について、何が起きたのか、なぜ起きたのかが自分自身で明確にしないない限り、電話の向こうの他人にキャリアストーリーを話すことはできません。ある出来事の中には数年前のものもあり、電話での面接では「あのう」とか「ええと」と言うより、話を様々な角度から繰り返しイメージすることで、昨日の出来事のように鮮明に感じることができるでしょう。

頭の中で想像を巡らせることで、その経験はもっとリアルに感じられ、長い間無意識だった細部を思い出させてくれるでしょう。

その仕事を強く希望する理由を明確化する

電話面接は多くの場合、採用プロセスの初期段階となるため、面接官が最も知りたいのは、なぜその仕事を希望するのかです。

自分の動機が明確であると、質問への回答はその話の流れの中に沿ったものとなり、全体が面接官に「納得できる」ものになります。希望の理由が不明確な場合、回答は一貫性に欠けるでしょう。

面接直前の心の準備をする

面接までの数日間は頭に様々な考えが渦巻いていると思いますが、電話面接自体の数分前(数時間前)には、頭をすっきりさせることが重要です。電話面接の準備は十分できていると自分に言い聞かせてください。新鮮な空気を吸うために散歩に出て、この新しい仕事が何を意味するのかを考えてみましょう。

前向きな心構えで電話面接にのぞむと、声のトーンに自然と明るさがでるでしょう。そのような小さな違いが大きな影響を与える可能性があります。

する
  • 一般的な電話面接質問の回答を充分に準備する
  • 一呼吸おいて、聞き、考える
  • 前向きな心構えで始める
  • 詳細な質問を用意しておく
しない
  • 準備しすぎる/全くしない
  • 長々と説明する
  • 緊張感を見せる
  • できるだけ早く話を切り上げようとする
  • これらのようなことを言う

無視できない電話面接のヒント

電話面接に向けて、多くの情報を読んで準備しているでしょう。我々の見解では、準備をし過ぎることはないので、さらに4つの電話面接のヒントをご紹介します。

面接官は電話面接で何を見ているのか

多くの場合電話面接は採用プロセスの初期段階であり、深掘りしていく面接というよりスクリーニングのような位置づけです。最初の電話面接は採用担当者ではなく人事担当者が担当することが多く、共有する情報のレベルについて注意が必要です。

電話面接が採用担当者との本格的な面接になった場合でも、簡潔に要点を述べることを心がけ、面接官に確認質問を促し、面接官が望む方向で会話を進めていけるようにすることが大切です。

電話面接の冒頭で何を言うべきか

電話面接の黄金律のひとつは、最初のやりとりは面接官に任せることです。天気やスポーツの話題でせわしなく話すのは避け、プロフェッショナルで簡潔なあいさつを心がけます。最初のやり取りが不自然なら、そのまま続く可能性が高いでしょう。

面接官が慣れてくると、もう少し話の範囲を広げても良いと察せられるでしょう。キャリアのハイライトをすぐにでも話し出したくなるでしょうが、我慢強く会話が自然に展開するのを待つことが大切です。

電話面接の適切な所要時間は?

通常、面接の所要時間は事前に伝えられていますが、もしわからない場合は必ず確認しましょう。これはとても当たり前の質問で、会話開始時に確認する価値があります。面接の時間がわからないと、回答の長さの管理が困難です。

電話面接は良い兆候でしょうか?

はい、確かに大変良い兆候です! 会社があなたを採用することに興味があると思われる兆候はすべて良いものです。あなたにぴったり合うあらゆる可能性を探る機会は逃すべきではありません。電話面接もオンライン面接も、実務面と費用面から当然一般的です。

電話面接は採用候補者を知るのに理想的な方法ではありませんが、後の段階で対面面接が控えているでしょう。まずは電話面接を最大限に活用することが大切です。

その一環として、自分の役割、将来の上司、企業文化についてさらに知ることも含まれます。

専門家のアドバイス

電話面接で尋ねるべき重要な5つの質問

有意義な電話面接とは、採用担当者と採用候補者の両方にとっての情報収集の機会です。候補者の質問は、その過程にどれだけ熱心に取り組んでいるかを示します(ただし、自分で調べられる情報については質問しない方が良いでしょう)。

以下は電話面接で質問するのに適した5つの良い質問例です。

  • パフォーマンス目標を上回るためにどのような課題に直面するでしょうか?
  • 直属の部下との理想的な関係はどのようなものですか?
  • 履歴書を読んで、私がさらに成長するのに必要な点はどこだと感じますか?
  • 上司の成功にどのように貢献できるでしょうか?
  • 職務内容の(この)部分についてもっと理解を深めたいのですが。

追加の質問です。答えは明白ですが、とにかく質問してみましょう。

  • 次のステップは何でしょうか?

オンライン面接の簡単なヒント
 

オンライン面接のアドバイスは、話し方からあなたのふるまいが推測できる電話にも応用できます。

  • フレンドリーな態度を忘れず、リラックスすること。面接官も友好的な方々のはずです。前向きな姿勢に好意的に反応する生身の人間だと思いましょう。
  • ボディランゲージはコミュニケーションの半分を占めます。気分が良ければ笑顔を意識しましょう。うなずきながら相槌を打って、ジェスチャーで重要点を強調します。
  • 最も大切なのは、きっと上手くいくと思うことです。

オンラインで話をすることは不自然に感じられ、リラックスしにくいものです。Zoom、FaceTime、Skypeのオンライン面接については別の記事で詳しく解説します。

15分で履歴書を作成
15分で履歴書を作成
雇用主が求める「履歴書のルール」に正確に沿った、現場でテスト済みのプロフェッショナルな履歴書テンプレートを使用してください。
私の履歴書を作成する
15分で履歴書を作成
15分で履歴書を作成
雇用主が求める「履歴書のルール」に正確に沿った、現場でテスト済みのプロフェッショナルな履歴書テンプレートを使用してください。
私の履歴書を作成する
この記事を共有する
読み進める
履歴書ヘルプ5 分で読めます
履歴書に趣味を記載する方法
履歴書に趣味を記載する方法
採用面接2 分で読めます
給与交渉の方法
給与交渉の方法
履歴書ヘルプ3 分で読めます
履歴書における学歴の記載方法
履歴書における学歴の記載方法
履歴書ヘルプ9 分で読めます
2023年の最高の履歴書フォーマット
最高の履歴書フォーマット
すべて見る
この Web サイトでは、Cookie を使用してユーザー エクスペリエンスを向上させ、分析とマーケティングを実行しています。 当社の Web サイトを使用することにより、クッキーポリシー および プライバシーポリシー に従うすべての Cookie に同意したことになります。
クッキーを受け入れる