1. ブログ
  2. 採用面接
  3. 履歴書に必要な25の分析力
ポール・ドゥルーリーポール・ドゥルーリー によって書かれました

履歴書に必要な25の分析力

3 分で読めます
履歴書に必要な25の分析力
による作品Varya Schuka
分析的であることは、周りの世界について理解を深めていくことを意味します。この能力は、企業が新たな人員を採用しようと検討する際に不可欠となります。このブログでは、分析力があるとはどういったことを指すのかについて説明します。

分析力とは何でしょうか?

分析力と呼ばれる能力にはたくさんの種類があり、それらはすべて何かを変更していく過程の最前線で発揮されます。つまりデータを収集し、問題を分析し、最終的に正しい道を選択するのです。ここでは、分析力があることを示す例を以下でご紹介します。

  • 同僚が問題を解決するために話しているのを積極的に聞く。
  • ブレインストーミングでアイデアを出し、競合他社と比較する。
  • 潜在的な結果や財務的な影響をモデル化し、予測する。
  • 定性・定量・コスト分析を行う。
  • 分析結果を関係者の多くに開示して報告する。

単にデータを探し当てることが得意なだけでは十分ではありません。そのデータに文脈を与え、まだ十分に理解していない人たちに説明する能力が必要なのです。これこそが、分析力が優れている人の本質です。

専門家のアドバイス

優れた分析力とは何でしょうか? 

分析力のある人とは、どのような人なのでしょうか。中にはごく自然に分析力を発揮するタイプの人もいますが、分析力は誰にでも身につけることができます。分析力のある人は、冷静な態度で問題の真相を究明してから、解決策を見出そうとする忍耐強い意志を持っています。分析力にはフィードバックが欠かせないため、ビジネスや業界に関する全般的な理解とともに、優れたコミュニケーションスキルが重要となります。

5つの分析力

分析力は、それを使って何かをしなければ意味がありません。これらのスキルは、あらゆることを変更するプロセスにおいて重要であり、それぞれの段階でさまざまなタイプのスキルが必要とされます。分析力はそれぞれのタイプをマスターして初めて、真にビジネス上の利益をもたらすことができるのです(自分でできない場合は、周囲にできる人を配置します)。

分析力には大きく分けて5つの種類があります。

  1. 問題を理解する
  2. 選択肢を検討する
  3. 解決策を見出す
  4. 分析を掘り下げる
  5. 結果を伝える

次のセクションでは、これらのスキルをより具体的にしていき、どのように相互に関連しているかを見ていきます。

専門家のアドバイス

就職活動で分析力はどのように試されるのでしょうか? 

採用側企業は、あなたの言葉を単純には受け止めません。先方の評価軸、状況判断テスト、巧妙な面接質問はすべて、あなたの分析力を探るために作られたものです。上記の分析工程の5つのパートに触れ、常に肯定的な結果で終わるようにしましょう。

履歴書に使える5つの分析力例

分析力と呼ばれる能力は、さらに個々のスキルに分解することができます。履歴書にすべてのスキルを記載するスペースはありませんが、各分析プロセスの部分からそれぞれのスキルを記載することができれば、将来の就職先にあなたの分析力を総合的に示すことができます。多くの場合、データ分析官、データサイエンティスト、医師、行動療法士は、ここで挙げられるような深い分析力を持っています。

ここでは、履歴書に記載する場合の例ともう少し細かいスキルをご紹介します。

1. 問題を理解する

誰もが自分の仕事で具体的に何かをする前に、まずは直面している課題の本質を理解する必要があります。この最初の分析力は、不完全な状況をつなぎ合わせて全体像を形成するシャーロック・ホームズ型の能力です。

  • アクティブリスニング
  • 精査する
  • 評価する
  • データを収集する
  • 指標を作成する

あなたは、業績不振部門を精査したり、顧客調査のデータを収集したり、指標を設定したりして業務の状況を判断しているでしょう。このように現況を理解したら、次は選択肢を検討します。

2. 選択肢を検討する

ここで分析する側に求められるのは、森全体から木と木を見分ける能力です。問題を理解すれば、解決策への道は無数に開けてきます。しかし、どれを選ぶべきでしょうか。どのような分析結果であっても、選択肢を検討することは重要なステップです。

  • ブレインストーミング
  • ベンチマーク設定
  • 原因調査
  • 判断
  • ビッグデータ

 ビッグデータの流れが見えてくると、判断力と経験が重要な役割を果たします。競合他社とのベンチマークや、社内の同僚とのブレインストーミングによって、解決策への道筋が絞り込まれていきます。

3. 解決策を見出す

分析をするには、理論的モデルは一旦置いておいて、現実の世界に足を踏み入れることが必要です。理論的モデルとは最適な解決策を見つけ、それを実現するための実行可能な計画を立てるために採用されるのです。

  • コラボレーション
  • 予測モデリング
  • 優先順位付け
  • 意思決定
  • トラブルシューティング

先方に分析結果を伝えたら、今度はこちら側が腰を落ち着けて協力し、何らかの意思決定をする必要があります。潜在的なリスクのトラブルシューティングと予測モデリングは、最適解を見つけるのに役立ちます。その過程で、優先順位を決めていきます。

4. 分析を掘り下げる

プロジェクトの変更に踏み出す前に、一歩下がっていくつかの最終チェックを行うことは、必ず必要となります。このとき、金融リテラシーとビジネスセンスが問われるのです。意思決定をすることで生じる可能性のある全ての影響を掘り下げていくことは、最後のステップとして重要です。

  • コスト分析
  • SWOT分析
  • 予測分析
  • 定量分析
  • 定性分析

SWOT分析は、プロジェクトの強み、弱み、機会、脅威を分析する伝統的な方法です。通常、プロジェクトの初期に行われるものですが、他の分析手法と合わせて、全体チェックとして利用することもできます。

5. 結果を伝える

最先端の分析に基づいた素晴らしいアイディアがあったとしても、状況をよく理解していない人の賛同を得ることができなければ、実現するために必要な投資や運用のサポートが得られない可能性があります。結果をすぐに伝えましょう。

  • 口頭でのフィードバック
  • 文書によるフィードバック
  • プレゼンテーション
  • 報告
  • 影響力の行使

分析が得意な人の中には、コミュニケーションは他の人に任せようとする人もいます。分析力に優れた人は、コミュニケーションにも長けているものです。自分の分析結果に自信があれば、それを発表したり報告したりすることは問題ではありません。

専門家のアドバイス

以下のような分析力に関する面接質問に関して考えてみましょう

  • もし、これらの選択肢の中から選ばなければならないとしたら、どのように判断しますか?
  • 目標を達成するために、リスクを取った状況を説明してください。
  • 決断を下す前に、どのように長所と短所を比較検討しますか?
  • 仕事でどの指標を使い、さらにそれが正確であることを、どのようにして確認しますか?
  • 何かを行うために、より効率的な方法を見つけたときのことを説明してください。
  • 物事を成し遂げるには、詳細な手順を作成することが常に最善の方法でしょうか?
  • あなたの分析力によって成功したプロジェクトについて教えてください。
15分で履歴書を作成
15分で履歴書を作成
雇用主が求める「履歴書のルール」に正確に沿った、現場でテスト済みのプロフェッショナルな履歴書テンプレートを使用してください。
私の履歴書を作成する
この記事を共有する
読み進める
カバーレター3 分で読めます
クリティカルシンキングスキル: どのようなもので、採用企業はなぜ気にするのでしょうか?
クリティカルシンキングスキル: どのようなもので、採用企業はなぜ気にするのでしょうか?
履歴書ヘルプ4 分で読めます
「なぜ前職を辞めたのですか?」にどう答えますか?
「なぜ前職を辞めたのですか?」にどう答えますか?
カバーレター8 分で読めます
応募レター vs. カバーレター: 長所と短所、求人応募の場面でのヒント
応募レターとカバーレターの違い:長所と短所、求人応募の場面でのヒント
履歴書ヘルプ8 分で読めます
履歴書に学歴を記載する方法
履歴書に学歴を記載する方法
すべて見る
この Web サイトでは、Cookie を使用してユーザー エクスペリエンスを向上させ、分析とマーケティングを実行しています。 当社の Web サイトを使用することにより、クッキーポリシー および プライバシーポリシー に従うすべての Cookie に同意したことになります。
クッキーを受け入れる