1. ブログ
  2. 履歴書ヘルプ
  3. 履歴書のオブジェクティブ(目的) (+ 15の例)
ポール・ドゥルーリーポール・ドゥルーリー によって書かれました

履歴書のオブジェクティブ(目的) (+ 15の例)

14 分で読めます
履歴書のオブジェクティブ(目的) (+ 15の例)
履歴書のオブジェクティブ(目的)は、最も重要な2行です。ここで自信を持ってアピールすれば、仕事を得るチャンスは大きくなります。このブログではオブジェクティブを記載するケースを15の具体例と共にお伝えします。

履歴書のパワフルで記憶に残るオブジェクティブ(目的)は、就職活動を決定づける要素の一つです。これはキャリアチェンジの際に、目標、有用性、トランスファラブルスキルを効果的に説明する手段になります。  キャリアチェンジが差し迫っている場合、候補者の履歴書のオブジェクティブで、それを明確にはっきりと示す必要があります。なぜなら未来の採用企業もまた、そのことを理解する必要があるからです。

候補者のキャリアの軌跡は、その役割で求められるものと適合するのでしょうか?

この10年間、求職・採用コンテンツの執筆・ゴーストライティングをしてきて、キャリアチェンジの本質を様々な観点から探ってきました。ライターとして、候補者がキャリアチェンジに直面した際、履歴書のオブジェクティブで自分の主張を伝えるための言葉をどのように選択していくかに、常に魅了されてきました。履歴書のオブジェクティブで選択した言葉が、その後の面接のトーンを決めるのです。

履歴書のオブジェクティブを適切に作成することが最優先課題です。このガイドでは以下をご説明します。

  • 履歴書におけるオブジェクティブの定義とサマリーとの違い
  • 他の候補者と差別化する履歴書オブジェクティブの例と使用シーン
  • 分かりやすく説得力のある、履歴書オブジェクティブの4部構成の提案
  • 最初の5秒で印象を残すライティングヒント
  • 履歴書オブジェクティブが必須となる15のケース(15の例文つき)
  • オブジェクティブの代わりに何を履歴書に記載するか
  • 2024年における履歴書オブジェクティブが特に重要な理由

履歴書のオブジェクティブは数文のみかもしれませんが、求職活動中に作成する履歴書ライティングの中で最も重要な部分といえるでしょう。慎重に検討しましょう。

履歴書のオブジェクティブとは?

ほとんどの履歴書には、トップに候補者の応募内容の 重要な側面を強調する段落があります。これは一般的にサマリーや自己アピールと呼ばれています。これは候補者の個人的な見識、過去の経験、誇れる実績、時には進路に関する情報を提供します。

キャリアの方向性と目標を定義するサマリーの一部分が、履歴書のオブジェクティブと呼ばれます。これはサマリー以外の詳細部分に置き代わるものではなく、常に必要とされているわけではありません。しかしキャリアの移行点にあったり、または役割が変化する場合、履歴書のオブジェクティブは変化する本質部分を表します。

履歴書のオブジェクティブはサマリーそのものとは異なります。単にその一部である可能性があります。

私の履歴書にはオブジェクティブが必要ですか?必ずしもそうではありません。

キャリアの分岐点にいる場合、またはキャリアの方向転換をしたい場合、履歴書オブジェクティブは非常に重要です。その場合、新しい方向性とトランスファラブルスキルや資質を述べるセクションが、履歴書の最初の言葉で記載されることが非常に重要になります。

キャリアのオブジェクティブは、必ずしも必要でない場合もあります。マーケティングマネージャーとしてしっかりした履歴書があり、マーケティングマネージャーとして継続したい場合、目標やキャリアの軌跡を説明するのに貴重な履歴書スペースを割く意味はほとんどありません。

マーケティングマネージャーの役割に応募すると、あなたの履歴書自体がそのことを物語ります。この場合、サマリーは企業文化への適合性、実績、その役割で役立つ経験に焦点を当てるべきです。そのような状況に置かれている場合は、従来の履歴書のサマリー、プロフィールをそのまま保持できます。履歴書のオブジェクティブは不要です。

専門家のアドバイス

履歴書のオブジェクティブが良く見られないのはどのような場合ですか?

履歴書のオブジェクティブで、キャリアの変更・方向転換を求めていると記載することは問題ありません。しかし、履歴書の他の部分で、今後の変更に必要なものを備えていると実証できない場合、抱負が欠けていると言えます。夢を持つことはすばらしいことですが、それを実現できると信じてもらう必要があります。そうでないなら、どうして未来の採用企業に支援してもらえると期待できるでしょうか。現実離れした夢想家との面接をしたい人はいません。

効果的な履歴書オブジェクティブの構造とは?

採用担当者および人事の経験に基づくと、最適な履歴書オブジェクティブの構造には次の要素が含まれる必要があります。

  • プロフェッショナルとしての特性
  • 肩書き(または将来の肩書き)
  • スキルと経験
  • 誓約(キャリアの軌跡/目標)

履歴書のほとんどは事実に基づいていますが、履歴書のオブジェクティブは、キャリアの未来、変更、トランスファラブルスキル、採用企業に向けた目標(次の企業に価値をもたらす目標の意味)を扱います。 したがって、起こりうる事に関して、信頼できるビジョンを提示する必要があります。採用する側はあなたを信じる必要があります。

オブジェクティブについて説明する際、「上級アナリストになりたい」というのでは全く不十分です。

自分自身の感性でオブジェクティブを強化し、最も関連性の高いスキルと経験で正当化しながら、同時に未来の採用企業に約束をする必要があります。それはあなたの目的だけではありません。先方のニーズにも等しく適合する記載であるべきです。自分自身を相手の立場に置いてみましょう。理想的な候補者から読みとりたいオブジェクティブとはどのようなものでしょうか?

順に各要素を見ていきましょう。

特性 世の中にある全ての言葉の中から、あなた自身を表すのにどんな言葉を選びますか? 履歴書でキャリアストーリーを語るとき、選択する形容詞でストーリーを補完します。 パワフルな履歴書のオブジェクティブに形容詞が1つ(または2つ)あると、「これが私です」という印象が生まれます。 次にどの方向へ向かうのかを記載します。

肩書(または将来の肩書) オブジェクティブの2番目の部分には、得たい役割の肩書が含まれることがよくあります。 前の肩書とは異なる場合、「マーケティング専門家」など、より一般的な表現を選択することもできます。  将来の方向性を明示するために、現在の肩書にいくつかの単語を追加することもできます。例: 「顧客オペレーションの役割を探している営業マネージャー」。 いずれの場合も、履歴書のオブジェクティブ例の肩書セクションは、応募している仕事と密接に関連していることを、採用責任者に直接伝える必要があります。

スキルと経験 履歴書は過去の実績について述べるものですが、スキルと 経験で最も関連性の高い部分を選び抜くことは、未来の採用企業にあなたが価値のある道を選んだことを示す素晴らしい方法です。 これは、特にキャリア前半の経験を強調したい場合に、非常に役立ちます。 面接でどの点に関して話をしたいか、ということについての重要な道標となります。履歴書のオブジェクティブを、話を始めるための誘い水として捉えましょう。

誓約/目標 力強い履歴書のオブジェクティブの最後のセクションは、未来の採用企業(そして自分自身)に対する誓約です。 要するに、次の雇用契約に署名したとき、自分がどのような人物になり、何を提供するのか。 履歴書、カバーレター、面接でのメッセージはすべて、この誓約に貢献する必要があります。 これが、何年にもわたって毎朝仕事に行く理由になるはずです。 その仕事に就いた場合、これが先方があなたに期待していることなので、慎重に考えてください。


オブジェクティブはどのように書けばいいでしょうか?

履歴書のオブジェクティブは、理想的には前述した構造(特性、肩書き、スキルと経験、誓約/目標)に従うべきですが、重要なことは第三者の視点でプロフェッショナルなトーンで書かれていることです。自分自身が採用担当者になったつもりで、CEOに候補者を説明しているイメージで考えてみましょう。その種の言葉遣いを目指すべきであり、2文からなるプロフェッショナルなエレベーターピッチです。外側からも内側からも自分自身を観察して表現します。

オブジェクティブは可能な限り、役割と関連したものであるべきです。求人募集要項と企業のキャリアページの言葉を反映させることは、常に優れたアイデアです。未来の採用企業と同じように話すことは、同じ視点から共通の未来を考える素晴らしい方法です。

最も重要なことは、履歴書のオブジェクティブは、候補者が強く情熱を傾けて追求することを誇りに思う、個人的なミッションステートメントであるべきだということです。就職活動においてに何らかの変化を起こすことは非常に大変なので、それは心の最も深いレベルに響き渡るものでなくてはなりません。高い目標を設定し、二番手に甘んじてはいけません。可能性は無限大です。

15の履歴書オブジェクティブ例

前述のとおり、履歴書のオブジェクティブは履歴書のサマリーや自己アピールとは異なります。ほとんどの場合、サマリーの一部として設定されており、通常、将来を見据えた唯一の部分です。

オブジェクティブはキャリアチェンジのタイミングで最も力強くなるため、ここでは一般的な15のケースをご紹介します。これらのケースでは、求職のナラティブ(物語)を導くための強力な履歴書のオブジェクティブが不可欠です。

キャリアチェンジのためのオブジェクティブの例

キャリアを変える時が来ると、カバーレターなどに詳細を記載することができますが、ドキュメントの一番上にはっきりとある履歴書のオブジェクティブは、新しい方向性を示すうえで極めて重要です。あなたがキャリアチェンジを求めていることが必ずしも明確ではないため、履歴書のオブジェクティブで採用担当者の疑念を払拭することができます。

キャリアチェンジのためのオブジェクティブの例

小売業界で計算業務に従事してきたプロフェッショナルで、貨物輸送および国際輸送に関しては間接的ながら5年の経験があり、ロジスティクス業界への転職を希望しています。 調達のエキスパートで、常に最も効率的なルートを探し出します。

コピーしました!

キャリアギャップ後の履歴書オブジェクティブの例(産休など)

キャリアの空白(理由の如何を問わず)後、必ずしも中断した時点から仕事を再開したいわけではない人もいるため、履歴書のオブジェクティブで仕事の再スタートをどのようにしたいかを明確にできます。就職活動の初期では透明性が重要です。採用担当者はあなたの正直さを評価するでしょう。

キャリアギャップ後のオブジェクティブの例

地理教師かつ気候変動活動家としても活動していましたが、4年間の産休から復帰して教室の内外でインスピレーションを与える育成活動を目指しています。 最新テクノロジーを取り入れ、地理の授業に命を吹き込む革新的な教育者でありたいと思っています。

コピーしました!
専門家のアドバイス

履歴書のオブジェクティブ目的はどの程度の長さが適切でしょうか。

理想を言えば、オブジェクティブは履歴書上部のサマリーセクションの一部であるべきです。たとえ経験が乏しくとも、最初のエレベーターピッチで自身の実績をいくつか記載するべきでしょう。ただし、このセクションが全てオブジェクティブという構成だと、実行者ではなく夢想家として見られてしまうリスクがあります。 オブジェクティブは最大2文が適切です。

キャリアアップを目指す履歴書オブジェクティブの例

未来の採用企業は、あなたがキャリアの梯子を上る準備があるとすぐには察知しない可能性があるため、履歴書のオブジェクティブを抱負の表明として活用できます。昇進に値することを正当化する必要はありません。この段階では抱負を表明することで十分です。面接では自分の主張を十分に訴える機会がたくさんあるでしょう。

キャリアアップのオブジェクティブの例

フィンテックマーケティングの第一人者として受賞歴があり、 8 年間のキャンペーン活動を経て、マーケティングディレクターへの昇進を目指しています。MBAを取得、ソーシャルマーケティングを担当し、オーディエンス数は3桁増加し、2桁の売上増加を達成しました。

コピーしました!

新規業界参入を目指す履歴書オブジェクティブの例

このところ、前例のないスピードで業界をまたいだ転職が進んでいるだけに、多岐にわたる業界で働いてきた人にとって履歴書のオブジェクティブは、帰属の意味合いを表す役割となります。新しい業界に参入することは、必ずしもリスクではありません。採用担当者はトランスファラブルスキルに注目しています。

新規業界参入を目指すオブジェクティブの例

顧客中心主義の不動産業者として、顧客心理に対する深い洞察力を駆使して地域ナンバーワンの売上と顧客満足度を誇っており、B2B営業職でのキャリア構築を目指しています。 高度な営業手法が、顧客基盤の拡大につながると確信しています。

コピーしました!

パートタイム型求人への履歴書オブジェクティブの例

フルタイムから パートタイム(またはその反対)へ転職する場合、履歴書の読み手が望ましい視点であなたを見てもらうことが重要です。履歴書のオブジェクティブであなたの希望を明確にしましょう。 フルタイムとパートタイムのポジションを両方経験した人の場合、履歴書のオブジェクティブで次に何を求めているのかを明確にできます。

パートタイム型求人へのオブジェクティブの例

金融サービス業界で7年の経験を持つ公認会計士ですが、家庭の事情によりパートタイム職に移行したいと考えています。 リモート会計ソフトに熟練しており、チームにとって信頼できる戦力となると思います。

コピーしました!

リモートワーク求人への履歴書オブジェクティブの例

フレキシブルな働き方がますます一般的になっている中、リモートワークを求めていることを述べることに何の恥ずかしさもありません。履歴書のオブジェクティブこそが、リモートワークを求める根拠を主張するのに最適な場所なのです。できる限り早い段階で不適切な求人を除外することが重要で、WFH(ワークフロムホーム)のポジションへの希望を明示する必要があります。

リモートワーク求人へのオブジェクティブの例

調達コンサルタントとして、20カ国におよぶ4社の直接・間接支出で、合計9千万円以上のコスト削減を実現してきたため、コストに敏感です。8年にわたる現場経験を基に、企業文化への理解とビジネス面での見識を活かして、グローバル調達チームを支援するためのリモートワークを希望しています。

コピーしました!

フリーランス求人への履歴書オブジェクティブの例

今や多くの人が フリーランスと正社員の両方の雇用形態を経験しており、適切なスキルと事例を用いて、履歴書のオブジェクティブを裏付けることが重要です。フリーランスは多くの場合、複数のスキルをもっています。キャリアの方向性を明確にすることが大切です。

フリーランス求人へのオブジェクティブの例

ソフトウェア開発者として、過去10年で3本の大型オンラインRPGタイトルを手掛け、ゲーム業界で複数の賞を受賞し、トラックビジョン社での現職と並行して、第2のフリーランスの機会を求めています。8つのプログラミング言語、主要なデザインソフト、コードエディター、テストツール等に精通しています。

コピーしました!

複数の仕事への履歴書オブジェクティブの例

仕事によっては100%専念することを要求される場合もありますが、週2日でこなせる仕事の場合は、履歴書のオブジェクティブで複数の役割を上手くこなす能力を説明する必要があります。マルチタスクができる能力があることを示してください。さもないと、あまりにも多くを引き受けようとしているように見られてしまうリスクがあります。

複数の仕事へのオブジェクティブの例

配達ドライバーとして顧客満足度99%を誇り、業界歴6年の信頼があり、食品サービスの運送業務との複業を希望しています。マルチタスク能力と都内の交通事情に関する豊富な知識で顧客を満足度を高めることができます。

コピーしました!
専門家のアドバイス

優れたオブジェクティブとは?

優れた履歴書のオブジェクティブとは、自分が達成可能だと思っているよりも少し上の目標を定めるべきです。未来の採用企業には、あなたの抱負が、あなたの能力を限界にまで押し上げると感じてもらう必要があります。子供が宇宙飛行士になりたいと言うと、みんなほほえましく思うものです。 このような夢と比較すると、少しトーンダウンさせることにはなりますが、言いたいことは伝わるでしょう。

新卒者のための履歴書オブジェクティブの例

新卒者にとって、人生は無限の可能性に満ちています。この人生の移行期において、履歴書のオブジェクティブはキャリアをどこからスタートさせたいか、なぜその方向に進もうとするのかを説明する必要があります。ほとんどの 大学生は、このような明確なビジョンを持っていません。 あなたの描く将来のビジョンで際立つ存在となりましょう。

新卒者のためのオブジェクティブの例

シティタウン紙の編集チームのインターンシップから、ジャーナリストとしてのキャリア構築を目指す英文学専攻の新卒者です。大学のウェブサイトに80本以上の記事を寄稿し、400本以上の記事の編集を行った経験があり、そこで培われた鋭い視点と批評精神を活かしたいと考えています。

コピーしました!

未経験者ための履歴書オブジェクティブの例

未経験の人にとって、履歴書のオブジェクティブは理想的なツールです。キャリアをどのように進めたいのか、その目的のためにどのような特性、スキル、資質を活用するかについて、具体的に述べることほど力強いものはありません。 「何でもやります」という姿勢では誰も感動しません。

未経験者のためのオブジェクティブの例

私は市の博物館でのパートタイムの仕事に興味があり、週末に書店でアルバイトをしながら顧客対応を学んでいる、歴史学を専攻している学生です。歴史への熱意が伝染して、訪れた方に歴史が生き生きと伝わるようにしたいと思っています。

コピーしました!

スタートアップ企業でのポジションのための履歴書オブジェクティブの例

スタートアップ企業で働くことはユニークな挑戦ですが、人は常に大企業から小規模企業に移るものです。履歴書のオブジェクティブであなたの主張を明確にし、動きの速いスタートアップ企業で働く自信があることを示す必要があります。起業家精神に溢れた環境での経験が初めてなら、その理由に関して記載するようにしてください。

スタートアップ企業向けのオブジェクティブの例

公共部門の機械技術者の出身で、大規模インフラでの豊富な経験と環境への情熱から、再生可能エネルギー分野のスタートアップ企業への転職を考えています。 10 年間のエネルギー分野の専門知識と経験で、貴社に貢献したい所存です。

コピーしました!

海外へ転職するための履歴書オブジェクティブの例

外国人を雇用することは、採用する側にとって最もリスクの高いものの1つです。新しい仕事を海外で請け負うには、さらに多くのことが関係することになり、履歴書のオブジェクティブでは絶対的な献身性、多才さ、知識が光る必要があります。採用側企業は、仕事をやり遂げるというあなたの絶対的な決意を感じ取る必要があります。文字通り人生を根底から変えることになるのですから。

海外転職に向けたオブジェクティブの例

現在は法人向け弁護士ですが、オーストラリアに移住して、シドニーの家庭法律事務所での職を希望しています。商法、対立解決、訴訟のあらゆる側面に精通しており、平均的な顧客定着率は6年で、信頼関係を築き維持することを大切に考えています。

コピーしました!
専門家のアドバイス

オブジェクティブはどのように書けばいいでしょうか?

将来のキャリアチェンジで、本当は何を望んでいるのかを見極めるのは、就職活動で最も難しいことの1つです。個人的なアドバイスとしては、考えうるすべての可能性を書き出し、その中から3~4つに絞り込んで、幸せを感じる順に並べることをおすすめします。 それらに共通する特性を抽出すれば、オブジェクティブに近いものができあがるでしょう。ある程度の柔軟性は保つ必要がありますから、あまり具体的過ぎないことが大切です。

ボランティア活動のための履歴書オブジェクティブの例

ボランティア活動は崇高な活動ですが、ボランティアを受け入れている信頼できる組織では、そこで活動している人々が正当な理由と長期的視野を持って関わっていることを理解する必要があります。オブジェクティブは、そのような役割に適した資質を示す必要があります。ボランティアには常に深い動機が伴います。先方にその一端を伝えましょう。

ボランティア活動のためのオブジェクティブの例

私は介護士兼非常勤看護師として信頼をいただいて勤務しており、イベントシーズンの期間中に慈善団体の募金活動のボランティアをしたいと考えています。 認知症は私にとって身近な病気であり、どんな小さなものであっても、何らかの変化をもたらすことのできる機会を楽しみにしています。

コピーしました!

学生のためのキャリアオブジェクティブの例

多くの企業が学生の就業体験を歓迎しているので、履歴書のオブジェクティブ事例が明確であれば、あなたの履歴書が却下される可能性がはるかに低くなります。企業は数百もの学生の履歴書を受け取るので、あなたを採用した場合、どのような価値をもたらすことができるかを明確に伝える必要があります。

学生のためのオブジェクティブの例

私は熱意をもってガーデニングに携わっており、大学在学中に造園会社での実務経験を積むために、週末のパートタイムの仕事を探しています。 どのような状況でも、倫理観をもって園芸に対する技術を磨き続けたいと思っています。

コピーしました!

大学院に進学するためのオブジェクティブの例

大学院資格を申請する場合、学術的な履歴書が不可欠です。次の教育ステップには何が必要で、なぜあなたが考慮に足るべき人物であるかを明確にする必要があります。次の学術的キャリアのステップが、論理的なものであることを明らかにする必要があります。

大学院に進学するためのオブジェクティブの例

心理学の修士過程を修了し、PhD取得に向けた研究を継続するために大学院に進学したいと考えています。 青少年の社会心理学的発達に与えるSNSの影響に関する学位論文は、今後の研究の基礎となるでしょう。

コピーしました!

海外転職を目指す履歴書のオブジェクティブ

履歴書のオブジェクティブが必要となる重要な事例の1つが、海外での求人への応募です。この場合、オブジェクティブセクションを通常より長くする必要があります。海外移住は大事業なのですから、自分にとってそれが何を意味するのかについて履歴書のスペースをかなり割く必要があるのです。

海外転職を目指す履歴書のオブジェクティブにおいて最も重要な考慮事項は、変化に対処できる能力です。新しい状況に直面することがたくさんあり、事前に予測できない方法で仕事の進め方を修正する必要があります。海外転職の根本的な理由が、強固でなければなりません。さまざまな困難と激変に対処するための動機が必要なのです。海外転職は非常にやりがいがあるものですが、気の弱い方には向いていません。

オブジェクティブの代わりとしてどんなことを履歴書に記載できますか?

従来の履歴書のサマリーは、実績、経験、個性、企業文化への適合性に焦点を当てたものです。例えば、マーケティングマネージャーとして同じ職種に転職する人の場合、マーケティング経験に関する意義ある実績について焦点を当てる方が、どのようにキャリアを継続するかという文面でスペースを無駄にするよりも効果的です。それでは、はっきりとした第一印象を与えません。

履歴書のサマリーを最適に作成する方法と、インパクトのある 自己アピールを作成するためのヒントについてのガイドがいくつかあります。 履歴書の例は読む価値があるでしょう。

専門家のアドバイス

面接で自分のオブジェクティブを主張できるように準備しましょう。

「これがしたい」と積極的に表明した後に、あなたの実現能力について疑問を呈して反応を見る面接官も多いでしょう。 あまり防御的にならないことが大切です。現実では計画通り進むとは限らない、ということを知る必要があります。論理と事例に基づき、希望に満ちた謙虚な態度で主張することが肝心です。

2024年の履歴書にオブジェクティブを記載すべきでしょうか?

答えは「はい」ですが、キャリアに何らかの変化(業界を変更、役割を変更、昇進、新たなスタートなど)が予想される場合に限ります。そのため、未来の採用企業に抱負を明確に伝えるという意味で、2024年は履歴書にオブジェクティブを記載することはこれまで以上に重要となっています。 2024年は多くの人にとって、キャリアチェンジが多岐にわたる1年になるでしょう。 需要が激変している産業が数多くあり、テクノロジーが職場の状況を変え続けているのです。 リモートワークが一般的になり、キャリアのポートフォリオが増え、フリーランスが多くの人の標準的な働き方となっています。 変化の波が次々と押し寄せており、すぐに去っていく気配がありません。

リモートワークを希望しているなら、オブジェクティブで記載しましょう。パートタイム勤務を希望しているなら、事前に提示しましょう。業界を変更することを検討しているなら、あなたがその業界に向いていることをアピールしましょう。上記ではさまざまな状況について説明しましたが、次の職務がどのように上手くいくと考えているのか、ためらわずにはっきりと伝えましょう。

重要ポイント

キャリアで変化があるとき、履歴書で最も重要なことがオブジェクティブを数行記載することです。最初の数行で履歴書のトーンを決めれば、未来の採用企業は、あなたの意図したマインドセットで履歴書を読むはずです。その職務は、これまでに経験したこととは少し異なるかもしれませんが、あなたには成功するためのすべてがあることに気づくでしょう。

次のステップが上記15の履歴書オブジェクティブの例のいずれかに似ている、またはキャリアの方向性の意図を簡潔に伝えたい場合には、履歴書のサマリーセクションで具体的にオブジェクティブを記載することが、有効的なアピールの手段となります。

  • 履歴書でオブジェクティブを記載する必要があるか検討する
  • オブジェクティブの主なメッセージを熟考する - 簡潔さを心掛けましょう
  • 上記の15の理由のいずれにも当てはまらない場合は、省きます

履歴書のオブジェクティブで自信をもってアピールすれば、仕事を得るチャンスが大きくなります。堂々と誇り高くいきましょう。

15分で履歴書を作成
15分で履歴書を作成
雇用主が求める「履歴書のルール」に正確に沿った、現場でテスト済みのプロフェッショナルな履歴書テンプレートを使用してください。
私の履歴書を作成する
15分で履歴書を作成
15分で履歴書を作成
雇用主が求める「履歴書のルール」に正確に沿った、現場でテスト済みのプロフェッショナルな履歴書テンプレートを使用してください。
私の履歴書を作成する
この記事を共有する
読み進める
採用面接11 分で読めます
電話面接で聞かれる10の質問
電話面接で聞かれる10の質問
キャリア2 分で読めます
あなたがより優れたリーダーになれる7つのコラボレーションスキル
あなたがより優れたリーダーになれる7つのコラボレーションスキル
履歴書ヘルプ2 分で読めます
「問題解決能力」とはどのようなもので、履歴書にはどのように記載するのか
問題解決能力とはどのようなもので、履歴書に記載するには
履歴書ヘルプ6 分で読めます
LinkedInに履歴書をアップロードするには(3つの方法)
LinkedInに履歴書をアップロードするには(3つの方法)
すべて見る
この Web サイトでは、Cookie を使用してユーザー エクスペリエンスを向上させ、分析とマーケティングを実行しています。 当社の Web サイトを使用することにより、クッキーポリシー および プライバシーポリシー に従うすべての Cookie に同意したことになります。
クッキーを受け入れる