1. ブログ
  2. キャリア
  3. 2024年の最適な求人サイトと求人掲示板 - 米国と世界各国
カール・カーラーカール・カーラー によって書かれました

2024年の最適な求人サイトと求人掲示板 - 米国と世界各国

14 分で読めます
2024年の最適な求人サイトと求人掲示板 - 米国と世界各国
こちらのブログでは、世界中の求職者のための最適な求人サイトと求人掲示板を紹介します。

今日の求人市場では、オンラインの求人サイト、求人掲示板、その他のキャリアポータルサイトで公開されている求人を調べる必要があります。自宅でリモートワークができる仕事を世界中の求人サイトから探す必要があるかもしれませんし、通常のフルタイムの仕事にだけ興味があるかもしれません。国、州、市などで絞り込む必要があるかもしれません。専門の求人サイトを使って、職種に特化して絞り込む必要があるかもしれません。

「迅速な仕事探し」という言葉は矛盾していることを知る必要があるかもしれません。確かに検索は非常に早くできますが、自分にぴったりの仕事を見つけるには時間がかかることもあります。

仕事の多くが「オフレコ」で見つかることも事実です。オンラインの求人サイトからではなく、紹介やネットワークを通じて見つけられており、これは追求すべき重要な手段です。しかし、COVID-19パンデミックが世界の働き方を根本的に変えた現在は、デジタル採用への傾向が非常に大きいことは疑いの余地はなく、特にテクノロジーやリモートワークにその傾向が顕著です。

もしあなたが最近求人を検索してみたとしたら、タイムマシンを発明し1950年に戻って、新聞を5セントで買い、求人広告を見るだけだったらいいのにと思うかもしれません。

残念ながら、あなたはタイムマシンの発明方法を知りません。しかし、2024年に明るい未来を用意することは可能です。

求人サイトとはどういうものでしょうか?

求人サイトは、求職者と募集中の仕事をつなぐ専門の求人検索エンジンおよびデータベースです。ほとんどがアグリゲーションサイトで、他の場所で広告されている求人をウェブから探し出して、自社の求人リストに掲載しています。多くの求人サイトには、履歴書の作成支援やキャリアコーチングなどの追加サービスを含むキャリアに関するブログが特徴としてあります。

求職のためにオンラインの求人サイトを利用しないのであれば、求職活動の幅と深さを極度に限定することになります。情報過多ということもあり、この世界に飛び込むのは恐ろしいことかもしれません。しかし、選択肢が多すぎる方が、不足するよりはマシです。

米国/世界の求人サイト: 最適な求人サイト、全体像、長所と短所

ここでは、米国で仕事を求めている人のための最高のアメリカの求人サイトを紹介しますが、ほとんどのサイトは世界中の求人のチャンスを探すための優れたリソースです。

アメリカでの総合求人サイト ベスト10

かなりの数の総合求人ポータルサイトがあります。平均的な求職者のニーズを満たす最高の求人サイトの全体像を作成しました。非常に特定の分野の仕事を探している場合は、これらのサイトの求人検索エンジンを使用して、自分の求職活動を調整する方法を学ぶ必要があります。しかし、そのポジションがあるなら、おそらくここのどこかにリストアップされているでしょう。

  • Indeed (日本語サイトあり) — 一般的に業界のトップとされているIndeedは、世界No.1の求人サイトをうたうアグリゲーションサイトで、毎月2億5,000万人以上のユニークビジターにメールアラートを配信できるとしています。ユーザーは1億5,000万件の履歴書をIndeedにアップロードしており、世界中で毎秒10件の新規求人が追加されています。
  • Glassdoor (日本語サイトなし) — 求人アラートを配信するもう1つのトップ求人サイトであるGlassdoorには、月間6,200万人のユニークビジターと220万社の求人企業から900万件のアメリカの求人があります。Glassdoorは給与や企業レビューの主要な情報源でもあります(多くの専門家が具体的に企業の評判、企業文化、従業員のレビューを調べるために使用しています)。
  • Monster  (日本語サイトなし) — インターネットが萌芽期にあった1994年から存続するMonsterは、その頃から主要なアメリカの求人サイトの1つです。履歴書のアップロード、給与調査や会社概要を提供したり、モバイルアプリが利用可能です。1分間に7,900件の求人検索が行われると報告されています。
  • ZipRecruiter (日本語サイトなし) — ZipRecruiterには約900万件の有効なアメリカの求人があり、従業員数は700人以上、月間約2,500万人の求職者がそのサービスを利用しています。
  • CareerBuilder  (日本語サイトなし) — 優れた検索機能を備えたもう1つのトップグローバル求人サイトで、履歴書のキーワードと求人をマッチングするGoogle AI機能もあります。
  • Craigslist  (日本語サイトあり) — 1995年にサンフランシスコ・ベイエリアで始まり、今では70カ国で展開しているCraigslistは、古き良き分類広告のように、商品、サービス、求人を提供しています。現代的なウェブデザインを拒否し、シンプルなテキストのリストを採用することで注目されていますが、「壊れてないなら直す必要はない」ですよね? 少なくとも、サービス自体の哲学はそうなのでしょう。
  • SimplyHired  (日本語サイトあり) — 「一度の検索で数百万の求人」を謳っており、職種、スキル、企業名を1つのウィンドウに入力し、都市、州、郵便番号、または「リモート」と別のウィンドウに入力して「求人検索」をクリックするだけです。職業、都市、企業、給与別に閲覧することもでき、求職範囲を絞り込むために約25カ国から選択できます。
  • Job.com  (日本語サイトなし) — ブロックチェーンとAIテクノロジーを使用した優れた求人サイトの検索機能を持っていると宣伝しており、求人募集企業が適切な候補者をより迅速に安価で引き付け、採用し、維持できるよう支援しているとしています。Job.comがうたうテクノロジーは比較的新しく未検証なので、検索の有効性の点でこれが本当に一歩先を行くのかはこれからの課題です。
  • Robert Half  (日本語サイトあり)  — 生産性と定着率の向上への道として「従業員の幸福」を強調し、「一つひとつの仕事を通じて、より幸せな職場を築く」としています。履歴書のアップロードと求人アラートの登録が可能で、他の場所には掲載されていない求人が多数あるとしています。
  • Google for Jobs  (日本語サイトあり) — Googleの力を決して軽視しないでください。通常の検索サイトにアクセスし、職業名+「仕事」(例: 「ソフトウェア開発者 仕事」)と入力してみてください。これは原始的な方法、またはあまりにも明白な方法に思えるかもしれませんが、人々は最もシンプルで効果的な手段を見過ごしがちです。Googleが世界で最も洗練されたウェブアルゴリズムを誇っており、Googleの検索機能を使いこなすことができれば、特別にカスタマイズされた求人検索エンジンをも上回ることができることを覚えておいてください。

官公庁の求人サイトと政府の雇用ポータルサイト

官公庁の仕事には、軍隊、司法、政治以外のすべての政府のポジションが含まれます。米国で政府職を求めている場合は、以下のウェブサイトを利用すれば、民間セクターの仕事をフィルタリングする必要がありません。

  • USAJobs (日本語サイトなし)— 米国連邦政府は200万人の公務員を頼りにしており、米国内のみならず世界中で活動しています。500 以上の政府機関や組織を代表するこのサービスは、政府での仕事を求める人にとって、この求人検索エンジンを使用するのが一般的です。政府が運営するウェブサイトのほとんどの場合、インターフェースはあまり見栄えの良いものではないかもしれませんが、発信元の雇用主である政府から直接データを提示するという大きな利点があります。懸念もなく、仲介者もいません。

IT求人サイト

これらのサイトは、成長著しい情報技術(IT)分野のテクノロジー系の求人に特化しています。

  • Dice (日本語サイトなし) — 通常、現在公開されている求人は8万件掲載しており、アメリカの求人で技術者向けの900万件以上のプロフィールを管理し、関連するキャリアアドバイスを提供しています。
  • eFinancial Careers (日本語サイトなし) — 19の市場で運営しており、ファイナンス、銀行、会計、テクノロジー関連の求人は15,000件近くあります。

マーケティング求人サイト

この求人サイトは、販売、マーケティング、広報に焦点を当てています。

  • MarketingHire (日本語サイトなし) — ニッチなアメリカの求人サイトで、求人数は約1,000件。

エンジニア求人サイト

これらの求人サイトは、あらゆるタイプのエンジニア向けです。

  • SimplyHired (日本語サイトあり)— アメリカの求人を始めとした、自称世界で最も訪問者の多いエンジニア求人サイト。
  • Engineering.com (日本語サイトなし) — ドロップダウンメニューを使用して、職種や場所で簡単に検索できます。
  • Engineering Central (日本語サイトなし) — アメリカの求人を始めとした北米を中心に3万件以上のエンジニア求人が掲載。

新卒求人サイト

  • College Recruiter  (日本語サイトなし)— 大学生と新卒者向けのエントリーレベルの求人。

その他の業界またはニッチな求人サイト

  • wellfound (日本語サイトなし) — スタートアップの求人
  • Architect (日本語サイトなし) — 建築家向けの求人
  • Cool Works  (日本語サイトなし)  — テーマパーク、牧場、スキー場、牧場、国立公園などのシーズンジョブとインターンシップ
  • Energy Jobline  (日本語サイトなし)  — エネルギー、石油・ガス、オフショア、再生可能エネルギー、原子力セクターの求人
  • Flex Jobs (日本語サイトなし) — リモートジョブ、オンラインジョブ、フレックス時間のパートタイムジョブ
  • Good Food Jobs (日本語サイトなし)  — 農業から調理、エコロジーまで、食に関連するすべての求人
  • HealthcareJobsite (日本語サイトなし)  — ヘルスケア分野の求人
  • Internships (日本語サイトなし)  — さまざまな業界のインターンシップマーケットプレイス
  • Idealist (日本語サイトなし) — 非営利セクターの求人とインターンシップ
  • JournalismJobs — ジャーナリズムの求人
  • K12JobSpot  (日本語サイトなし) — 小学校から高校の教師向けの教育関連の求人
  • Media Bistro  (日本語サイトなし) — メディア、広告、出版、デザインの求人
  • OneWire — ファイナンス、会計、投資、テクノロジーの求人
  • Political Job Huntt  (日本語サイトなし) — アメリカの政治、公共政策、政府関係の求人
  • StackOverflow  (日本語サイトなし) — 開発者とプログラマー向けの求人
  • WeWorkRemotely  (日本語サイトなし) — リモートワークであれば、職種を問わず数千の求人を掲載

LinkedIn: ネットワーキングのためのユニークなリソース

Facebookで昼食の写真を投稿したり、X(Twitter)でその日のちょっとした話をつぶやいたりする一方、LinkedInは求職者と採用担当者向けの、職業的ネットワーキングを特化した目的とするソーシャルメディアネットワークです。

求職活動を進めるためにLinkedInを利用する方法は多数ありますが、まずはLinkedInのプロフィールを素晴らしいものにすることから始めましょう。このサイトの利点は以下の通りです。このサイトを利用している同じ分野で何十人、場合によっては何百人もの人を個人的に知っている可能性が高いことです。その人たちの中には、あなたのスキルに合った求人を知っている友人や、実際に採用活動をしている企業があるかもしれません。

ネットワーキングと個人の紹介の力を決して軽視しないでください。あなた自身とあなたのスキルを知っており、社会的証明と専門的推薦を提供できる人との個人的つながりがあるのは大きなメリットです。今日のテクノロジー主導の世界であっても、多数の求人がネットワーキングと推薦を通じて、募集ポジションが埋められていることを覚えておいてください。

地域別求人サイト: 地域求人検索の概要と長所短所

求人サイトの検索を絞り込む1つの方法は地域別、たとえば、オーストラリア以外の場所では働きたくない場合、世界中からの何百万もの求人情報を検索する必要はありません。

ローカル求人サイトvsグローバル求人サイト:長所と短所

働きたいと思う場所がひとつの地域だけの場合、ローカル求人サイトで検索するメリットは、あなたにとって無関係な結果をフィルタリングできることです。また、一部の求人募集企業はローカルサイトだけに求人を掲載している可能性もあります。

しかし、ローカル求人サイトの短所は同じことになります。特定の地理的エリアに関連付けられてないすべての結果がフィルタリングされてしまうのです。経済のグローバル化とCOVID-19パンデミックの両方の要因によって、どこからでもできるリモートの仕事が急増しています。したがって、インドの求職者の夢の仕事がカナダにある可能性があります。

しかし、就業場所の近くに住むことで得られるメリットもあります。求人募集企業は面接のためにあなたを呼び寄せる必要がなく(または低品質のZoom通話を行う必要もなく)、明日からでも始められる可能性があり、おそらくあなたはすでに地域コミュニティにつながっているでしょう。

英国、ヨーロッパ、カナダ、オーストラリア、インドの求人検索エンジンの全体像

以下は、世界の主要な英語圏の国々での様々な地域求人サイトの全体像をご紹介します。政府サイトのものもあれば(民間セクターの求人も掲載する場合がある)、民間企業が作成した掲示板のものもあります。

インターネットで地域名+「job wearch (求人)」「employment portal (雇用ポータル)」「fast job search (速効性のある求人)」または「fast jobsearch (速効性のある求人検索)」で検索すれば、通常これらを見つけることができます。

Indeed、Glassdoor、Monsterなどのトップグローバルサイトには、さまざまな国の地域ポータルがあることにも注目してください。また各地域のサイトを以下でご紹介しますが、いずれも日本語サイトはありません。

イギリス

  • Reed — 自社を英国No.1の求人サイトと位置づけ、27万5,000件以上の求人を掲載。
  • Totaljobs — もうひとつの主要な英国のリソースで、16万件以上の求人広告があり、イギリス国内の特定の地域での検索可能。
  • Jobsite — Totaljobsと同様で、16万件以上の求人を掲載。
  • Gov.uk/find-a-job — イングランド、ウェールズ、スコットランドでの求人を検索するための英国政府スポンサーのウェブサイト。このウェブサイトにはウェールズ語版もあります。
  • JobCentre Online— 北アイルランドの求人専用ポータル。

ヨーロッパ

  • Eurojobs — 自社を「最大かつ真のヨーロッパ求人サイト」と称しています。基本的には、機能的なユーロ中心の求人掲示板であり、独自の技術的特徴はありませんが、一部の国の専門家コミュニティと連携しています。EUベースの求人を探しているなら試す価値があるでしょう。
  • EuroJobsites — ヨーロッパにおける STEM (科学、技術、エンジニアリング、数学) の仕事、およびヨーロッパおよび国際情勢に特化。
  • Hackajob — ロンドンに拠点を置く、技術職の求人の欧州トップクラスの求人ポータルの1つです。
  • Adzuna — ロンドンに拠点を置く求人サイトで、11カ国で運営しており、数千のウェブサイトから求人広告を集約。
  • Arbeitsagentur — 欧州連合(EU)で最も人口の多い国 (また、最も強力かつ堅調な経済とビジネス部門を持つ国) であるドイツの大手求人サイト。

カナダ

  • Canada.ca — 政府の求人と民間企業の求人の両方がある、カナダの求人だけに特化したサイト。
  • Job Bank — 上記サイトの関連ページで、カナダの求人は9万5,000件以上を掲載。
  • Canada Jobs — カナダの23万4,000件以上の求人を掲載しており、カテゴリーまたは市区町村別に検索可能。
  • Eluta — カナダ全土の1万社以上の求人募集企業のウェブサイトからの求人情報を掲載。
  • Jobboom — ケベック州最大の求人サイトで、英語とフランス語の両方のサービスを16の分野にわたる求人情報を掲載。

オーストラリア/ニュージーランド

  • Seek — オーストラリアが所有・運営するseekは、オーストラリア、ニュージーランド、中国、香港、東南アジア、ブラジル、メキシコの求人に特化。ニュージーランド専用の求人は、NZ portalをチェックしてください。
  • Trade Me — Seekと並ぶニュージーランドのベスト求人サイトの1つ。
  • JobSearch.gov.au — オーストラリア政府の後援を受けたオーストラリアで最も人気のある求人サイトの1つ。
  • Jora — オーストラリアベースの無料の求人検索エンジンで、Seekなどの大手オンライン求人サイトと提携を結んでいる。
  • Gumtree — Craigslistと同様、オーストラリアと英国に焦点を当てた分類広告のトップのオーストラリアサイト。

インド

  • KillerLaunch — インドのトップ求人ポータルの1つで、通常の求人と学生・若手専門家向けのインターンシップを特集。
  • Naukri — 登録済み求職者が5,000万人近くある、インド最大級の全国求人ウェブサイトの1つ。
  • Fast Job Search — インドの政府に関連する求人No.1サイトを自称。
  • Shine — ヒンドゥスタン・タイムズ・グループが所有する人気の求人ポータルで、30万件以上の求人を掲載。
  • Freshersworld — インドにおける「新入社員」を対象としたトップサイト(インドでは新入社員とは、新たな仕事を求める新卒者を指しています)。

求人サイトや求職ポータルサイトに応募書類を送る際の5つのアドバイス

ここでは、すべての求職者が求職ポータルサイトを使用して応募を送信する前に、考慮すべき点をいくつか紹介します。

1. 常に求人募集企業の調査から始める

応募する前に、その会社についてできる限り多くのことを学ぶ必要があります。企業を徹底的に調べることは、そこで本当に働きたいかをどうかを判断するのに役立ちます。そして、その答えがイエスである場合、この会社に関する知識は、応募書類を調整し、面接で採用担当者に良い印象を与える方法を練るのに役立つはずです。

多くの求人サイトには、企業プロフィール、給与レンジ、レビュー、同様の企業との比較が掲載されています。求職活動の一環として、さまざまな求人サイトで同じ企業を調べ、できる限り多くの情報を収集することをおすすめします。次に、その企業のウェブサイトで自社についてどんなことを述べているかを確認し、SNSのアカウントを調べ、インターネットで追加情報を検索することをおすすめします。

企業文化、価値観、問題点、目標、さらには公の場でのコミュニケーションにおける会社のトーンすら熟知していることは、仕事を得るうえで大きな財産となります。求人募集企業の世界に対して洞察力を働かせることが、本当に高収入の仕事を勝ち取るのです。彼らの見方を理解し、彼らの言葉を話すことが、勝利への近道なのです。

2. 検索パラメーターには細心の注意を払う

さまざまな求人サイトの求人検索エンジンがどのように機能するかを調べてください。検索機能は異なるので、その仕組みを誤解して、誤って広範囲の求人を省略してしまわないように注意してください。

1つの見落としたフィルターやチェックマークが、10件の求人が表示されるか10,000件が表示されるかの違いを生む可能性があります。

また、同じ種類の仕事が国によって異なる表現で記述されている場合があり、職種の指定が一部重複する場合があることにも注意してください。たとえば、一部の情報ソースでは「ソフトウェア開発者」と「ソフトウェアエンジニア」は異なる仕事だとしていますが、これらの用語は多くの求人広告で同じ意味で使用されています。職務名だけではなく、職務内容自体にも注意してください。仕事の説明方法が複数ある場合は、別の説明方法を試してみてください。

3. 応募前に給与水準を調べておく

興味のある職種のさまざまな企業の給与実態を事前に調査しましょう。一部の求人サイトには給与情報が含まれており、Google 検索を行うことで詳細が分かる場合があります。最も重要なのは、多数の求人サイトを横断的に調べることで、給与の目安がつかめることです。

この検索に関するライフハックの 1 つとして、 Glassdoor や同様のサイトでは給与の範囲が掲載されている場合もありますが、Reddit や Quora などの掲示板から実際に働いている人のアドバイスや意見もチェックしてください。そこでは、人々がさまざまな業界の内部情報について議論したり、平均給与ガイドを参照したりすることがよくあります。

職業的ネットワーク (LinkedIn上の連絡先の人など) も、さまざまな分野の給与範囲に関する最新情報を提供してくれる可能性があります。

4. 応募書類を事前に用意する

成功を信じて仕事に応募するには、採用担当者に好印象を与える優れた履歴書などの応募書類が必要です。 これらはそれぞれの求人募集企業に合わせて調整する必要がありますが、各書類の基本フォーマットを用意しておきましょう。

Rirekisho.jp は、これらの求人応募書類の準備に関する専門的なアドバイスを提供する重要なリソースです。 当社のブログには、あなたの求職活動が容易になることを願って、以下のような役立つガイドが多数掲載されています。

  • 完璧な履歴書の書き方
  • 履歴書はどのくらいの長さであるべきか
  • 最良の結果を得るために履歴書をカスタマイズするには
  • 完璧なカバーレターの書き方(就職活動を有利にするため)

求職者への非常に重要なもうひとつのアドバイスは、採用管理システム (ATS) について学んでおくことです。 このシステムは、履歴書を職務内容やキーワードと比較し、実際の人間の採用担当者に実際に送信するかどうかを「決定」するシステムです。 これらのアルゴリズムのせいで、多くの履歴書は決して人間の目で見られることはありません。

5. SNSのプロフィールを充実させる

求人募集企業があなたの応募に興味を持ったら、LinkedIn、Facebook、Instagram、X(Twitter)であなたのことを検索することが予想できます。

特にLinkedInのプロフィールには注意し、その中で自分の仕事のスキル、仕事の目標、職歴をどのように説明するかに気を配りましょう。 当社のガイドでは、優れたLinkedInのプロフィールを充実させるために必要なことのほとんどをカバーしています。その際、役に立つ可能性のある連絡先と交流してネットワークを築くことをお勧めします。

Facebookやその他のSNSアカウントには、おそらく職業的な内容というよりも個人的な投稿の方が多いでしょう。 自分のプロフィール情報や最近の投稿をスクロールして、疑わしい印象を与えるものがないかを確認することは、決して悪いことではありません。

社交的な生活、個性、ユーモアのセンスを持つことに何も問題はありませんが、Facebookをよく使用して少しプライベートすぎる写真を投稿している場合は、プロフィールを大掃除する方がいいかもしれません。

2024年の就職活動に最適なオンライン求人サイトに関する情報が役立つことを願っています。それでは、良い就職活動を!

15分で履歴書を作成
15分で履歴書を作成
雇用主が求める「履歴書のルール」に正確に沿った、現場でテスト済みのプロフェッショナルな履歴書テンプレートを使用してください。
私の履歴書を作成する
この記事を共有する
読み進める
履歴書ヘルプ5 分で読めます
組織力とは何でしょうか?
組織力とは何でしょうか?
履歴書ヘルプ15 分で読めます
履歴書の書き方
履歴書の書き方
履歴書ヘルプ10 分で読めます
職歴がない場合の履歴書の書き方
職歴がない場合の履歴書の書き方
カバーレター3 分で読めます
対人関係スキルとは: 定義と主な具体例
対人関係スキルとは: 定義と主な具体例
すべて見る
この Web サイトでは、Cookie を使用してユーザー エクスペリエンスを向上させ、分析とマーケティングを実行しています。 当社の Web サイトを使用することにより、クッキーポリシー および プライバシーポリシー に従うすべての Cookie に同意したことになります。
クッキーを受け入れる